2017-07

北海道2017の旅 2日目前半

道北の旅、2日目の朝
今日は過密なスケジュールです。

まずは昨日に続いてオロロンラインを北に、最北の岬へ向かいます。
お天気は回復という予報ながら雲が低く垂れて、利尻島は見えますが利尻富士の美しい姿は確認できません。
hkd20170628am020_R.jpg

R232は天塩町で内陸部を走るR40と、海岸線を走る道道106に分かれます。
幌延町から豊富町の間は幌富バイパスがあり、時間節約したい方はR40がお奨めです。

広域農道も走ってみました、とにかくまっすぐで走りやすいし景色も良い道です。
hkd20170628am019_R.jpg

この付近には展望台も数か所あり、天気が良ければ湿原の向こうに利尻富士を見たかったのですがパス!
サロベツ湿原センターに到着
hkd20170628am001_R.jpg

外周1kmの木道を時間をかけて散策します
野鳥を観察する方が大勢、カメラに望遠レンズを付けて双眼鏡でバードウオッチング中
「共謀罪で逮捕されへんやろか?」と要らぬ心配をしながら挨拶して行きかいます。
時間の無い方には距離の短い内周コースもあります。
hkd20170628am006_R.jpg

初夏の草花が迎えてくれました
関西では2か月前に咲いていたショウブが見ごろでしたよ。
hkd20170628am002_R.jpg

エゾカンゾウ
hkd20170628am003_R.jpg

コバイケイソウ
hkd20170628am004_R.jpg

利尻富士がこんなにキレイに見えるそうです・・・晴れていたらね(T_T)
hkd20170628am005_R.jpg


さあ、最北の町にむけて再び海岸線に戻り道道106を北へ。
うわー 電柱もガードレールも無くて、お花畑の中を走っているみたい 最高です♪
この道はお奨めです(^O^)/是非走ってみてください。
hkd20170628am007_R.jpg

稚内市へ入る頃になると天候回復で空と海の色が明るくなってきました。
hkd20170628am008_R.jpg


ノシャップ岬に到着、上空に青空も見えてきたのに依然として利尻富士は雲の中。
hkd20170628am009_R.jpg


やはりここの灯台もお目出度い紅白

寒流水族館ではペンギンとアザラシのショーや餌やり体験もできます。
入場券は隣接する科学館と共通で500円でした。

現役最長老というプラネタリューム(約30分間)で稚内の星空を見ましたが、始まって間もなく寝息があたりから聞こえてきた。
思わずつられて気持ちよくなり・・・ふっと気が付くと「本日はご観覧有難うございました」とアナウンスが流れていた。
まさにプラ寝たリューム!?稚内科学館おそるべし
hkd20170628am011_R.jpg

お昼はうに丼
ランチにしては高価だけど美味しい~、次は三色丼にしよう(^_-)-☆
hkd20170628am010_R.jpg


道の駅稚内はJR駅と併設という珍しい構造
車を停めて徒歩数分のところにある北防波堤ドームへ
427m長の珍しい半アーチ形ドーム防波堤だそうだが、何でこんな形に?
hkd20170628am012_R.jpg

稚内駅前から宗谷岬へ走る、後ろにヤマハFZが付いてきて対向するバイクとヤエーを交わす。
車中でこちらまで思わず手を上げて走る。

ついに本州最北端の宗谷岬へ
hkd20170628am017_R.jpg

hkd20170628am015_R.jpg

間宮林蔵が樺太を眺めています
hkd20170628am016_R.jpg

おっ!気合の入ったカブを発見
hkd20170628am013_R.jpg

ライダーは若者、ギターを手に最北到達の感動に浸っていました。
周りの方から拍手も起きてましたよ。良い思い出になったかな?
hkd20170628am014_R.jpg


最北の給油所がバイクで賑わってます。
「大繁盛やね」と言ったら「いえいえ今だけ特別で決して儲かるほどでは」
税務署の調査員ではないので安心してください、「儲かりまっか?」と挨拶したら「ボチボチでんな」と返しましょう(笑)
hkd20170628am018_R.jpg

最北端給油証明書と手作りキーホルダーを頂きました。
hkd20170628am025_R.jpg


この後はオホーツク海に沿って紋別まで南下ですが、この先で思わぬハプニングが連続することになるとは・・・
続きます

北海道2017の旅 1日目

今年もでかけました、北の大地へ
今回は道北を中心に計画しました

同じような旅をされる方の参考になれば嬉しいので、ドライバー・ライダー目線でその道中を記念にブログに残します。
よろしければお付き合いください。


6月27日(火)関空へ、チエックインを完了して飛行機は新千歳まで約2時間のフライトです。
レンタカーを受け取っていざ!

まずは昼飯へ・・・
hkd20170627002_R.jpg

千歳市にあるこのお店へは2年ぶりの再訪、スープがとても美味しいのでお奨めです。
心配なのはお天気ですが、この時点では青空も見えます。
hkd20170627001_R.jpg

道央自動車道を北上、1時間あまりの砂川Pで休憩。
週間予報では週末まで晴れ時々曇りの空模様、今年は雨に泣かされることが無いのかと喜んでいました(このあと数時間で天候が急変することを知らず)

深川JCTから左手へ深川留萌自動車道で日本海側の留萌市へ。
前方に少し雲が出てきました・・・
hkd20170627003_R.jpg


千歳市から約2時間半で留萌市の黄金岬に到着
北海道は岬めぐり♪の旅が定番です。
hkd20170627004_R.jpg

岬と言うと海に突き出した陸の突端ですが、黄金岬は留萌の町からすぐの所にあるので立ち寄りやすい岬です。
hkd20170627005_R.jpg

オロロンライン(R232)を北へ
hkd20170627006_R.jpg

オロロンラインを走るなら日本海をすぐ左横に見られる北上ルートがおすすめです。
信号も車も少なく景色も良くて快適な道でした。
hkd20170627007_R.jpg

留萌から約30分 小平町の道の駅「おびら鰊番屋」
hkd20170627008_R.jpg

ここはニシン漁で賑わった町で、旧花田邸が保存されています。詳しくはあらためて。
hkd20170627009_R.jpg

雲が低くなり日本海が暗くなってきました。
いつ降りだしてもおかしくない空に「あんたが雨男やから」「お前が雨女ちゃうか」と醜い押し付け合いが車内で始まります。
hkd20170627010_R.jpg

苫前町には風力発電が並び、海岸線を走る適度なカーブの道を快走します。
左手には利尻富士が見えるはずなんですが、ぽつぽつ雨が落ちて来ました(;一_一)
hkd20170627015_R.jpg

初山別村で国道を左折して岬へ向かいます。
hkd20170627022_R.jpg

hkd20170627023_R.jpg


北海道の灯台は紅白が多いように思います、お目出度い感じですね。
hkd20170627024_R.jpg

海を臨む公園にはバンガローやキャンプ場
残念ながらご覧の天候ですが、ここは夕日の名所で有名なのです
19時過ぎの日没を撮影する予定でしたが中止です
hkd20170627025_R.jpg

今夜は「しょさんべつ温泉 岬の湯」で宿泊
hkd20170627029_R.jpg

近くには天文台もあって晴れなら望遠鏡で天体観測ができるのですが残念(T_T)
今年も雨にたたられそうな予感がしてきました。
明日の天候回復を願ってサッポロビールで乾杯して早寝です。

すごい景色に出会えた2日目に続きます。

無事に帰りました

北海道から無事戻りました

気にしていたお天気は・・・

今年も曇り空(T_T)

しかし素晴らしい初夏の風景を堪能出来ました(^-^)/

hokkaidobrg0702001_R.jpg

hokkaidobrg0702002_R.jpg

hokkaidobrg0702005_R.jpg

hokkaidobrg0702006_R.jpg

hokkaidobrg0702003_R.jpg

hokkaidobrg0702004_R.jpg

いやあ楽しかったです
写真の整理が出来たら順次アップしていきます

今年も行きます!北の大地

もはや年中行事?
今年は道北方面を中心にレンタカーの旅を計画しました。

hokkaidou201706100001_R.jpg


日本海岸のオロロンラインを北上して最北端に向かい
宗谷岬からオホーツク海岸のエヌサカ線を南下

北海道ならではの景色を楽しんできます♪

情報を集めて行き先とコースを考えるのが好きなので今回も数か月前からワクワク
せっかく出かけるので時間を有効に使い、内容の濃い旅が出来たらウレシイです。

今回、見つけたのはこのサイト
「北海道一周で訪れたい観光地」

自転車でくまなく走りまわった経験を写真とコメントでエリアに分けて記録しており、大変参考になりましたのでご紹介します。



問題は天候
昨年・一昨年と梅雨のない北海道で雨に泣かされましたがリベンジなるか
または返り討ちに遭うのか?

乞うご期待

田植え後のあらぎ島

朝刊の「棚田百選に選ばれている有田川町の蘭島(あらぎしま)で田植えが終了しました」という記事を見つけました。
有田川方面はしばらく走ってない道なので、ひとっ走り行ってみることにします。

いつものR480、かつらぎ町から高野町へ、再びかつらぎ町(旧花園村)を通って有田川町に入ります。
aragijima290620001_R.jpg

有田川に沿ってくねくねを走っていると唯一の信号
工事用の片側通行規制信号でした。
高野町から目的地まで数十キロの間に信号は有りません
aragijima290620002_R.jpg


鹿・イノシシ除けの中で農作業中の方
害獣が増えすぎて我が物顔に走り回り、人間がオリの中で生活するという時代です。
aragijima290620003_R.jpg


あらぎ島に到着
新聞によれば6戸の農家が共同管理で景観を守っているそうです、田植え作業ご苦労様でした。
aragijima290620004_R.jpg

きれいに植えられた水田は日本の原風景です
aragijima290620005_R.jpg

道の駅に寄って東屋の下で休憩
ゆっくり寛ぎますがバイクは1台も出会いません
aragijima290620006_R.jpg

今年は空梅雨で降水量は平年の半分以下
農業はじめ各方面に問題となっていますが、天気予報は下り坂に向かい間もなく降りだすとのこと。
久しぶりの雨は歓迎ですがバイク乗りとしては降られる前に早々と帰宅。
帰路は高野町から九度山町へ下って往復130kmのお散歩でした。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひまじん

Author:ひまじん
カメラ片手にバイク(V-Strom650とシグナスX)で時々撮影に出かけます。
ひまじんが過ごす晴耕雨読なスローライフ、晴走ブログな毎日を綴ります。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (8)
お祭り (64)
カメラ・写真館 (31)
V-Strom650XT (29)
カワサキW650 (18)
ヤマハ シグナスX (11)
バイク (25)
バイク用品・ツール (33)
ちょっとお出かけ (44)
紀伊半島ツーリング (58)
パワースポット巡礼 (29)
道の駅 各駅停車 (58)
思いつくまま (69)
健康おたく生活 (19)
美味いもん巡り (25)
北海道 (26)
季節の花と風景 (23)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR