2017-09

高野山 奥ノ院参道

一の橋から弘法大師のいる奥ノ院御廟までの参道は、杉木立の中に石畳が続き両側におびただしい数の石塔が並んでいます。

okunoin2016_R.jpg

okunoin2014_R.jpg

町石は昔の距離単位で1町(約109m)ごとに立てられた石塔
okunoin2001_R.jpg

根本大塔を起点に麓の九度山町慈尊院まで180基
また奥ノ院の弘法大師御廟まで36基が建てられています
okunoin2002_R.jpg


墓石や供養塔は戦国武将の他にも色んな方が

忠臣蔵で有名 浅野内匠頭の墓
okunoin2010_R.jpg

宗派が異なる法然上人も高野山に
okunoin2008_R.jpg

歌舞伎役者 市川団十郎
okunoin2006_R.jpg

芭蕉もお山に上ったんですね
okunoin2007_R.jpg

最近作られた企業の物故者慰霊碑
okunoin2013_R.jpg

okunoin2012_R.jpg


杉の根元にそっと置かれた石
五輪塔の形をしており庶民がお詣りに持参したもので、地面の下にも無数に眠っているそうです。
okunoin2009_R.jpg

okunoin2005_R.jpg

okunoin2004_R.jpg

okunoin2003_R.jpg

お顔を寄せ合うほほえましいお地蔵さん
okunoin2011_R.jpg

供物の槇や花が絶えることが有りません
okunoin2015_R.jpg


名も無い石からも先人の込めた思いが伝わってくる気がします

スポンサーサイト

高野山 奥ノ院武将の墓

NHKテレビのぶらタモリで高野山が紹介されてましたね
いつもは龍神スカイライン方面へのツーリングの通り道ですが、お彼岸ということもあってお参りに出かけました。

バイクでひとっ走り自宅から1時間弱で到着
奥ノ院を目指して一の橋から参道を歩きます

バスや車では奥ノ院駐車場(バス停)から参詣される方が大半です。
このルートは横手から参道に入るため奥ノ院まで近いのですが新しい墓石の間を歩くことになります。
一の橋からが正式な参道で距離は2kmくらいあります。
歴史を感じることが出来るルートなので、時間に余裕の有る方には一の橋からの参拝をお勧めします。

一の橋前の駐車場は有料のため200~300m先の道路沿い無料駐車場へ停めます(せこい)
okunoin1001_R.jpg

バスで来られる場合はここで下車を
okunoin1002_R.jpg

ここが一ノ橋
道向かいに観光案内所があります
ガイドマップ等を頂いて参考にしてください
okunoin1003_R.jpg


参道の途中には多くの墓石・墓標が並び、戦国大名のものもあります。
奥州仙台 伊達家
okunoin1004_R.jpg

伊達正宗の墓
okunoin1011_R.jpg

加賀 前田家
okunoin1005_R.jpg

武田信玄・勝頼親子 近くには宿敵上杉謙信の墓があって今も睨み合っています
okunoin1010_R.jpg

薩摩 島津家
okunoin1007_R.jpg

山口 毛利家
okunoin1008_R.jpg

小田原 北条家
okunoin1009_R.jpg

阿波徳島 蜂須賀家 
okunoin1012_R.jpg

石田三成
okunoin1013_R.jpg

近くには明智光秀
okunoin1014_R.jpg

さらに豊臣秀吉
okunoin1015_R.jpg

織田信長
okunoin1016_R.jpg

まだまだ沢山の武将たちの石塔が並んでいます
これらを探して歩くだけでも長い参道散策が楽しくなるのでは
墓石は武将だけではありません・・・  続きます

道の駅 オホーツク紋別

道の駅 オホーツク紋別

紋別といえばライダーの聖地 カニの爪
記念撮影の順番待ちが出来るほど人気です
mitinoekimonbetu002_R.jpg

その隣にあるのが道の駅
mitinoekimonbetu005_R.jpg

mitinoekimonbetu006_R.jpg

紋別では道の駅周辺と他3か所に観光スポットが集中
mitinoekimonbetu007_R.jpg

これはシンボルタワー

mitinoekimonbetu010_R.jpg

広い敷地は芝生で整備され
mitinoekimonbetu009_R.jpg

流氷科学センターが隣接
mitinoekimonbetu008_R.jpg

マイナス20度の厳寒体験室に保管された流氷に触ることができます
mitinoekimonbetu011_R.jpg

他にもサウナやウォータースライダーなどのあるオホーツク健康プール「ステア」があります。
紋別に行ったら是非立ち寄ってください。



道の駅 愛ランド湧別

道の駅 愛ランド湧別は、国道238号サロマ湖沿いにあります

irandyubetu001_R.jpg

irandyubetu002_R.jpg

湧別は農業と漁業の盛んな町
irandyubetu003_R.jpg

ホタテ丼やオホーツクラーメンなど地元の味はレストラン彩湖で
irandyubetu004_R.jpg


家族向け遊園地「ファミリー愛ランドYOU」が隣接しています
irandyubetu010_R.jpg

最北の観覧車から見るサロマ湖
irandyubetu005_R.jpg

irandyubetu007_R.jpg


お子様向けの可愛い乗り物や遊具が並び、幼いお子さんも楽しめそうです
irandyubetu006_R.jpg

料金も格安、11枚1,000円の回数券がおすすめ
irandyubetu008_R.jpg

ゴーカートで走りながら眺めるサロマ湖もキレイでした
irandyubetu009_R.jpg

これ以外にも湖畔までの遊歩道が整備され「いこいの森」と呼ばれ森林浴が楽しめるそうです
立ち寄ってみる価値のある道の駅でした

道の駅 サーモンパーク千歳

今年の北海道旅行で立ち寄った道の駅から面白かったところを3か所ご紹介
まずは 道の駅 サーモンパーク千歳

名前の通り千歳市はサケの街をアピール
salmonparkchitose001_R.jpg

salmonparkchitose002_R.jpg

サケのふるさと千歳水族館が隣接
salmonparkchitose010_R.jpg


内部でオムライス好きとしては気になるお店を発見
salmonparkchitose003_R.jpg

千歳市は卵生産も盛んなんですね
salmonparkchitose004_R.jpg


道の駅周辺は整備された公園
散策マップを頼りに歩いてみます
salmonparkchitose005_R.jpg


salmonparkchitose006_R.jpg

salmonparkchitose007_R.jpg

salmonparkchitose008_R.jpg

親子連れやペット連れで散策を楽しむ市民が多数見られました
salmonparkchitose009_R.jpg

都市の真ん中の公園を流れる千歳川ではサケの遡上も見られるそうです
さすが北海道

ハッピーマンデイってどう思う?

9月15日は敬老の日

というのは過去の話で今は毎年敬老の日がウロウロ変わります
理由はハッピーマンデイ

国民の祝日の一部を月曜日に移し、土曜日・日曜日と合わせ三連休にする制度。2000年(平成12)から導入。「成人の日」を1月第2月曜日、「海の日」を7月第3月曜日、「敬老の日」を9月第3月曜日、「体育の日」を10月第2月曜日とした。 (コトバンク)

つまり休みが続けばアホな国民は遊びに出かけて金を使うやろという政府の陰謀
しかし年長者を敬うとか新成人を祝うための日を、遊びに出かけて放蕩散財する日にして良いのだろうか?
景気浮揚のためなら文化の日や勤労感謝の日や建国記念日といった全ての祝祭日をハッピーマンデイにしたらいいと思うが、それには別の事情もあるそうで・・・


働きすぎの日本人を休ませてあげようという心配りなら、唯一祝祭日の無い6月に新しく国民の祝日を設けてはどう?
時の記念日でも虫歯予防の日でもいいけど、海の日・山の日とくれば川の日なんていいんじゃない。

国会議員の皆様 ご検討よろしくお願いします

光三宝荒神のろうそく祭

久しぶりのお祭りネタです

和歌山県橋本市にある光三宝荒神社は、兵庫県の清荒神、奈良県の立里荒神と並んで3大荒神と言われています。
毎年9月3日におこなわれる「ろうそく祭」に行ってきました。

 hikarikoujin001_R.jpg

信者から寄進された多くの献灯が並べられ点灯を待ちます

創建は奈良時代に空海が高野山を開くより前という古社
神仏習合の形態を残しています


般若心経が唱えられると集まった人々が列を作り、灯をともした灯篭を手渡しで送り献灯台に並べていきます
hikarikoujin002_R.jpg

本堂前に並べられた灯篭
hikarikoujin003_R.jpg

続いて願い事を書いたロウソクに火を点け手渡しで灯明台へと並べられていきます
日の暮れた境内は灯篭とロウソクの灯がゆらめいて幽玄の世界となります

火の神と言われる荒神をまつるにふさわしい光三宝荒神のろうそく祭でした


京奈和道路が開通

少し前のことですが京奈和自動車道路の奈良県御所南ICと五條北ICの区間が開通しました。

御所南IC~五條北ICは延長7.2kmで、4つのトンネルが連続してほとんど土の中のもぐら状態です。
しかし、これにより奈良県の大和高田・橿原市から和歌山市の約61kmが結ばれました。
未開通区間は渋滞が悩ましかったのが解消、しかも嬉しいことに通行無料です。

御所南にはPAも設けられました。
yagyutukigase002_R.jpg


yagyutukigase003_R.jpg


古都の雰囲気を感じさせる瓦葺風の建物
yagyutukigase005_R.jpg


開通を知らせるポスター
yagyutukigase004_R.jpg


残念ながら奈良県内に未開通区間が奈良市と橿原市の2か所残されています。
今のところ開通の時期は未定という状態ですが、ぜひ早期の全線開通をお願いします。

早く整備してくれないと・・・


命が足りん!

秋はバイクが気持ちいいぞ

暑かった夏もようやく終わりが近い様子
そうなればガレージの奥深くに眠らせていたバイクを引っ張り出して少し走らせてみることに

特に行き先を定めずに気の向くまま快走路を走る
まずは西名阪自動車道の針インターで下りて道の駅針TRSへ
いつも多くのバイクが停まってます
yagyutukigase006_R.jpg

数日前までは気温32~35度、しかしこの日の気温は28度で湿度も低く快適
今日はツーリングマップルの快走路ばかりを走るぞ(^O^)/
まずはR369を北上
yagyutukigase007_R.jpg

剣豪 柳生十兵衛で知られる奈良市の柳生の里へ
yagyutukigase008_R.jpg

江戸時代は小さいながら柳生藩 家老屋敷が再興され資料館になっています
yagyutukigase009_R.jpg


ここからr4を南東へ走り月ヶ瀬村へ
yagyutukigase010_R.jpg

yagyutukigase011_R.jpg


龍王の滝へ
yagyutukigase013_R.jpg

バイクを下りて約2分歩けば役行者が修行したという地
yagyutukigase014_R.jpg


西名阪自動車道の高架下をくぐりr80で山添村へ
yagyutukigase016_R.jpg

三重県に入り名張市へ
yagyutukigase017_R.jpg

R368を東へ
この道も快走路ですが一部区間はとんでもない悪路
普通車が対向するのも困難な峠越えの狭い路が数キロ続きます
バイクでも場所によっては対向できかねるので緊張して走ったが、この区間で1台も出会わなかった。本当に国道?(笑)
yagyutukigase019_R.jpg

峠を下ると道は広くなり松阪市へ
今度はR166を西へ走ると道沿いの櫛田川に沈下橋がたくさんある
yagyutukigase020_R.jpg

高見峠のループ橋とトンネルを過ぎると奈良県東吉野村
r16を通り吉野町へ向かう途中にある「ニホンオオカミの像」
yagyutukigase021_R.jpg

このあとR169で吉野川沿いの信号に本日初めてイラッとしながらR24へ・・・無事帰宅
走行距離300kmは大半が快走路で爽快な気分
やっぱりバイク乗るなら秋が一番や~♪

自賠責を継続しました

愛車のシグナスの自賠責保険が満了するという通知が届きました。
新車購入から5年経つんですね。

車検の無い原付は自賠責保険の期間を2年から5年の範囲の年単位で自由に選べます。
掛け金割引は長期の方が大きくお得です。
例えば5年契約掛け金は16,990円
2年と3年で契約すると合計22,290円
その差は5,300円!

もし買い換えるなら車両入替で契約を移せるし、廃車した場合は解約で返金されますから自賠責は5年に決めています。

こう見ればステッカーもくたびれてます
jibaiseki2909001_R.jpg

新しいものに貼り替え完了
jibaiseki2909002_R.jpg

ん!? 平成34年って存在しないことが決まってる年号じゃないか!

世界中で元号を公用に使用している国は日本だけ
オリンピックを控えてもっと国際化が必要と言うなら、外国の方にも通じる西暦表示が望ましいんじゃないですか?

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひまじん

Author:ひまじん
カメラ片手にバイク(V-Strom650とシグナスX)で時々撮影に出かけます。
ひまじんが過ごす晴耕雨読なスローライフ、晴走ブログな毎日を綴ります。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (8)
お祭り (68)
カメラ・写真館 (31)
V-Strom650XT (31)
カワサキW650 (18)
ヤマハ シグナスX (12)
バイク (25)
バイク用品・ツール (35)
紀伊半島ツーリング (59)
ツーリング (14)
ちょっとお出かけ (34)
パワースポット巡礼 (29)
道の駅 各駅停車 (58)
思いつくまま (74)
健康おたく生活 (19)
美味いもん巡り (25)
季節の花と風景 (23)
北海道 (32)
高野山 (5)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR