2017-08

エクストリーム出社

エクストリーム出社? 何のこっちゃ?

コトバンク
「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な、極端な」の意)スポーツ”と称し、スポーツ感覚での実践、普及に取り組んでいます。エクストリーム出社のプレーヤーは、一般的な通勤者と区別され、“出社ニスト”と呼ばれます。

さらに詳しくウィキペディアで
エクストリーム出社は基本的に平日の出勤日、起床してから勤務先の出勤時刻までの時間帯に行われる。エクストリーム出社中のアクティビティとして、何をするかは規定がなく、観光、グルメ、キャンプ、スポーツ、史跡めぐり、料理など様々なことが行われる。ユニークで非日常性をより強く感じられ、リフレッシュ効果が高いものほどよいとされる。ルールは、「遅刻は失格」であること以外になく、注意事項として他人に迷惑をかけないということが第一に説かれている。

発案者2名が協会を設立して内容の独自性を競い合う大会も行われているらしい。


これって平日早朝のプチツーがピッタリ

夜明けとともに峠を駆け上がり雲海に上る朝日を見る
下界に下りて素早く着替えて会社へ
リフレッシュできて気分も高まり仕事もはかどる


ただし遅刻しないことと他人に迷惑をかけないことが絶対条件らしい
行き先と時間の計画は綿密に立て、ご近所迷惑にならないようバイクを静かに始動する
一度やってみますか

あっ! 時間に拘束される生活から抜け出したくて、昨年にサラリーマンを卒業して自営業になったんでした。
もう私には出来ないエクストリーム出社・・・



スポンサーサイト

V-Stromミーティング行けません

第3回を数えるV-Stromミーティング

日時
2017年9月3日(日)10:00~14:00
場所
スズキ株式会社 本社
静岡県浜松市南区高塚町300

詳しくはスズキHP「V-Stromミーティング2017」


V-Stromというバイクは登録台数が少ないので日頃は滅多と出会うことがありません、しかし昨年の第2回には431台も集合したそうです。
オーナーなら是非参加したいイベントですが、親戚から同日に行われる法事の案内が届きました・・・
残念ながら今年も不参加です(T_T)

秋の気配は遠い?

東日本は曇天・雨続きのようですが西日本は猛暑日が連続
お盆も過ぎて季節が秋に・・・

と、なる気配が感じられないので探しに行くことに

昼過ぎにゴソゴソとバイクを引っ張り出してメッシュジャケット着てヘルメットをかぶる
この時点で汗がドッと流れ始める。
こりゃたまらん、どこか涼しい所へ

半時間ほど走って高野山のふもと丹生都比売神社(かつらぎ町天野)
amano0816003_R.jpg

天野地区は小高い盆地に古くから開けた田園地帯
寒暖の差がありキレイな水に恵まれ米作りが盛んで、天野米は高野山金剛峰寺へ納められます。
amano0816002_R.jpg

峠に近いあたりには棚田も残されてます
amano0816005_R.jpg

9月に入れば刈取りが始まり刈穂のあとは違った景色を見ることが出来ます
amano0816006_R.jpg


しかし日差しが厳しくて何という暑さ、早々に退散してクールダウン
下界より涼しいと言ってもこの気温
まだまだ気温の上がらない早朝活動の方が安全かな
amano0816008_R.jpg


バイクブログを拝見すると皆さん雨さえ降らなければツーリングに励んでおられますが・・・



尊敬します

雨準備にぬかりなし

局地的に激しい雨が降ることが多くなり、ツーリングに悩ましい今日この頃です。
雨対策は怠りなくする必要があり、雨男と陰口をされるひまじんは尚更大事なことです。

本日、ゲットしたのはこの商品

防水スプレー
bousuisprei0815001_R.jpg


古くなった合羽やグラブに雨水が浸み込んでくるのは不快です。
それをはじき飛ばしてしまおうと考えました。



ついでにメットのシールドの雨がにじまず快適な視界を
bousuisprei0815002_R.jpg



これで雨対策はグレードアップ
しかし出来るならゲリラ豪雨には遭遇したくない(>_<)

V-Stromが熱い

今、スズキのバイクV-Stromが熱い!

何が熱いのかって?
それは・・・マフラー  

排気管が熱いって当たり前じゃないのか



8月10日の改善届出内容 詳しくはスズキ お客様相談室に問い合わせてください。

対象車両は型式2BK-DS11A (通称名:Vストロ ーム)の車台番号LC6DS11AZ01100102~ LC6DS11AZ01100907 (製作期間:平成 29 年 6 月 9 日~平成 29 年 7 月 31 日 )の285 台 。

不具合部位は「原動機(排気管) 」。

車体右側の排気管カバー形状が不適切なため、停車時に足を着く際に衣類が排気管に接触することがある。
これに対して排気管に対策品のカバーを追加するという改善を行う。

要するに足をつくとマフラーに当たるので火傷したら大変、カバーを追加しますということらしい。
対象は新型V-Stromだが発売までに分からなかったのか?
ステータコイルの時に比べて早い改善届出は良いことですが、試乗した時に問題にならず発売してすぐ改善届出というのは・・・
走り込んで初めてわかる不具合ではないように思うんですけどね。


昔のバイクなら問題にならなかったレベルですかね
エキパイやマフラーで火傷したなんて日常的だったような気がします。






面白い看板 麺泥棒!?

とんこつラーメンは大好物♪
博多はもちろん和歌山ラーメンも美味しい
mendorobou2908003_R.jpg


とんこつがウリの気になる店の名は?

mendorobou2908002_R.jpg


ええっ!? 麺泥棒・・・
mendorobou2908001_R.jpg

西九条・大正・天六と大阪市内に3店舗あり「一度食べたら忘れられない濃厚とんこつ」というのが売り文句ですが



店の名前の方が一度聞いたら忘れられない~(笑)


通天閣

大阪のシンボル 通天閣
展望タワーとしては高さ108mとむちゃくちゃ高いわけでもないのに非常に親しまれています。

tuutenkaku0804014_R.jpg


タワーの真下は府道なので車が通ります
tuutenkaku0804009_R.jpg

タワーへ上るには先に地下へ
tuutenkaku0804010_R.jpg

階段を降りて
tuutenkaku0804011_R.jpg

チケット売り場へ 大人700円
tuutenkaku0804012_R.jpg

入り口に置かれたパンフレットはペーパークラフトにもなります
tuutenkaku0804015_R.jpg


これがパンフレットで作った550分の1サイズの通天閣
tuutenkaku0804001_R.jpg

地下から2階へエレベーター、さらに展望台行きエレベーターに乗り換えて移動
展望台からの景色

手前の緑は天王寺動物園、高いビルは阿倍野ハルカス
tuutenkaku0804008_R.jpg

北の梅田方面
tuutenkaku0804007_R.jpg

なんば方面 手前は電気のまち日本橋
tuutenkaku0804005_R.jpg

西の大阪湾方面 海遊館の観覧車が見えます、遠くには六甲の山並み
tuutenkaku0804004_R.jpg

南に向いて手前に温泉大浴場、左手は阪神高速14号松原線
tuutenkaku0804003_R.jpg

金剛山方面は所により雨が降り煙って見えます
tuutenkaku0804002_R.jpg

展望台に置かれたビリケンさん
足の裏を撫でると願い事がかなうと言われます
tuutenkaku0804006_R.jpg

エレベーターを待つ間は両側にお土産やガチャガチャ、退屈しない代わりにお金が必要。
さすが大阪人の商売にぬかりは有りません。

お土産にひとつ、以前「面白い恋人」というのが本家「白い恋人」から訴えられていましたが、これなら大丈夫なんでしょうか?
tuutenkaku0804013_R.jpg


通天閣の入場者は一時減少しましたが、最近のレトロブームにのって今は大盛況です。
日本一高いビル「あべのハルカス」が竣工した時にも「日本一高いビルの展望台が目の前に見えます」とPRして、客が減少するどころか増加したそうです、大阪商人のたくましさを感じます。

じゃんじゃん横丁

大阪の下町といえば新世界
その中で有名な飲食店街といえば「じゃんじゃん横丁」
大阪市浪速区恵美須東3丁目を南北に貫く商店街の愛称です
sinsekai0804010_R.jpg



けんみんショーでは朝から立ち飲みで酒飲んでるなんて紹介されてましたが・・・・本当は



その通りです


全長約180mで横幅は2.5mほどと非常に狭くて、行きかう人とぶつからないように歩くのに気を使います。
それでは散策してみましょう♪

sinsekai0804003_R.jpg


sinsekai0804006_R.jpg

いきなり何かに怒ってるおっちゃん
串カツ屋の看板おやじ、ソースの二度漬け禁止をアピールしてます
sinsekai0804005_R.jpg

通りの左右には串カツ・焼肉・お寿司・立ち飲み居酒屋等が並び朝から良いご機嫌の客
中には昭和レトロな横丁ならではの店も
sinsekai0804007_R.jpg


sinsekai0804008_R.jpg


NHKテレビドラマでも舞台になった将棋倶楽部、将棋ブームで再び注目か
sinsekai0804009_R.jpg


大阪名物ミックスジュースの発祥はこの店
sinsekai0804011_R.jpg


狭くて短い通りですが繁華街の新世界と遊郭を結んでおり、三味線の呼び込みの音が賑やかだったので「じゃんじゃん町」と呼ばれるようになったそうです。
昭和の香りを残し独特の下町風情を感じさせる横丁です、大阪に来たら一度行ってみてください。

さあ、通天閣に上ってみましょう。
tuutenkaku0804014_R.jpg

新世界より

ドボルザークの交響曲ではありません
大阪市浪速区にある繁華街についてです

昔はなんとなく怖い所というイメージがあり、良い子の皆さんはあまり近づかなかったのですが、最近は治安も良く最も大阪らしい人情溢れるコテコテの街として観光客でにぎわってます。

南海電鉄高野線の新今宮駅
JR環状線との乗換駅で多くの通勤通学利用者で賑わいます
sinsekai0804015_R.jpg

駅を出ると前は「あいりん地区」
東京の山谷と並び大阪の釜ヶ崎は日雇い労働者の町で、一帯には「どや」と呼ばれる簡易宿泊所が並び、路上生活者も多かったのですが久しぶりに来たら様子が変わってました。
sinsekai0804001_R.jpg


道には大きなスーツケースを押している外国人の多いこと
関西空港から電車ですぐ、徒歩圏内に新世界や日本橋電気街、関西各地への交通アクセス良好のところへ物価が安い。
薄汚れた木賃宿を少しキレイに改装して外国人向け格安宿泊施設に転換した宿がたくさんあり、素泊まり800円~と安い料金が安価に日本を楽しみたい外国人にうけてます。

庶民の街では自販機もお手軽価格 何と50円から
sinsekai0804014_R.jpg

駅の北には星野リゾートの高級ホテルを建設、なんば駅から新今宮駅までのガード下をショッピングモールに整備する計画もあって昔のイメージから町全体が変わっていくようです。


こちらは阪堺電車
恵美須町から堺市の住吉大社や浜寺公園へ向かい、沿線の住宅の軒先をかすめて走る可愛い電車です。
sinsekai0804013_R.jpg


少し歩くと大阪のシンボル通天閣、このアングルはよく使われますね。
sinsekai0804002_R.jpg

近くには天王寺動物園があって、新世界界隈には朝から一杯呑んでご機嫌の虎になったオッチャンや、ヒョウ柄ファッションの大阪マダムがウロウロしてます。

ヒョウ柄をはじめド派手な衣類を扱うお店
sinsekai0804012_R.jpg

これが人気商品!? 誰が買うんやろ 
sinsekai0804004_R.jpg


まわりから聞こえるのは圧倒的に外国語の会話が多く、自分が異国人のような気がします。
ここはどこ?以前と全く違う様子に戸惑いながら、もう少しぶらぶら街歩きを続けます・・・


道の駅 おびら鰊番屋

北海道のR233(オロロンライン)沿い小平町の道の駅 おびら鰊番屋(にしんばんや)

obiranisinbanya010_R.jpg

留萌方面から北上すると大きな看板と信号が目印
obiranisinbanya001_R.jpg

obiranisinbanya009_R.jpg

広い敷地に並んだ建物
obiranisinbanya014_R.jpg

左が道の駅で2階に歴史文化保存センター、中央がレストラン、右手は重要文化財の建物
obiranisinbanya003_R.jpg

かつて北海道沿岸には鰊が産卵のため大量に押し寄せて、それが巨万の富をこの地にもたらしました。
今は鰊と卵(数の子)は貴重な高級食材ですが、当時は食用以外に肥料にも使われたりしたそうです。
当時多くの人が寝泊まりした花田家番屋の建物が保存察れています
obiranisinbanya008_R.jpg

道の駅の外観も花田家番屋に似せてますね
obiranisinbanya012_R.jpg

道の駅へ入ってみると
obiranisinbanya002_R.jpg

1階
obiranisinbanya004_R.jpg

obiranisinbanya005_R.jpg

2階には貴重な資料が展示されています
obiranisinbanya007_R.jpg

obiranisinbanya006_R.jpg

外壁には往時の浜の賑わいの様子が描かれ
obiranisinbanya011_R.jpg

海沿いに立つのは松浦武四郎
江戸時代に蝦夷地を踏破した探検家・研究家
北海道の名付け親として有名な方です
obiranisinbanya013_R.jpg

旧花田家番屋は17時までなら内部も見学することが出来ます。

道の駅 おんねゆ温泉

道の駅 おんねゆ温泉は北見市留辺蘂町のR39沿いにあります。
温根湯温泉の足湯もあり温泉街はすぐ近く
onneyuonsen001_R.jpg

onneyuonsen009_R.jpg

onneyuonsen010_R.jpg

広い敷地に様々な施設

onneyuonsen003_R.jpg


高さ20mのシンボルタワーは世界一の鳩時計「果夢林」
onneyuonsen002_R.jpg

時刻になると大きな人形たちが現れ音楽に合わせて踊ります
onneyuonsen008_R.jpg

鳩の大きさは約2m
onneyuonsen007_R.jpg

こちらは果夢林ショップの内部
onneyuonsen004_R.jpg

隣の「山の水族館」と内部でつながっています
onneyuonsen011_R.jpg

水族館は名前の通り淡水魚を多数展示、入館料が必要です
onneyuonsen005_R.jpg

onneyuonsen006_R.jpg

なお、施設は月曜と第1・3火曜日が休みですのでご注意を。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひまじん

Author:ひまじん
カメラ片手にバイク(V-Strom650とシグナスX)で時々撮影に出かけます。
ひまじんが過ごす晴耕雨読なスローライフ、晴走ブログな毎日を綴ります。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (8)
お祭り (68)
カメラ・写真館 (31)
V-Strom650XT (31)
カワサキW650 (18)
ヤマハ シグナスX (12)
バイク (25)
バイク用品・ツール (35)
紀伊半島ツーリング (59)
ツーリング (14)
ちょっとお出かけ (34)
パワースポット巡礼 (29)
道の駅 各駅停車 (58)
思いつくまま (73)
健康おたく生活 (19)
美味いもん巡り (25)
季節の花と風景 (23)
北海道 (32)
高野山 (5)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR