2017-03

道の駅 すばしり

道の駅 すばしり
「富士山に一番近い道の駅」というのがウリです。
subasiri2902001_R.jpg

おお、本当に屋根の向こうには大きな富士山
subasiri2902009_R.jpg

すぐ近くには富士浅間神社
subasiri2902008_R.jpg


富士の湧水が汲み放題
飲んでみたけど美味しかった~
subasiri2902002_R.jpg


山梨もも味と静岡みかん味のお菓子
富士山にちなんだお土産が並んでます
subasiri2902004_R.jpg

subasiri2902005_R.jpg

富士の裾野と言えば自衛隊演習場
グッズ販売してたけど草焼きの煙に富士山の眺望を邪魔されたから買わない
subasiri2902003_R.jpg


2階は眺望の素晴らしいレストラン、その名も「ふじやま食堂」
subasiri2902006_R.jpg

これがレストランからの富士山\(^o^)/
subasiri2902007_R.jpg

天国に一番近い島・・・ではなく富士山に一番近い道の駅でした。

スポンサーサイト

ライダーに辛い花粉の季節

花粉症を自覚して数十年のベテラン・アレルギー患者
毎年この季節は憂鬱になる

特に花粉飛散の多い日にバイクで走るとこんなことが・・・

1. くしゃみ
花粉症のくしゃみは突然出るので注意が必要
しかも思いっきり「はっくしょん!!」とやるのでバイクはグラグラ
くしゃみの瞬間は前も見ていないので危険このうえない
少しでも予防にとマスクを付けるとヘルメットのシールドが曇る
何とかならんのか?


2. 鼻水
花粉症の鼻水は水のように粘りが無い
自覚もないのに気が付くとツーっと出てきている
バイクで鼻をかもうとしたら、停まって手袋を外しメットを脱いで・・・邪魔くさい


3. 涙目
年のせいか涙腺が緩くなって映画やTVドラマを見ても泣ける
花粉の季節は特に感動も無いのに涙ポロポロ
これも辛い


4. 鼻づまり
息が苦しくメットのシールドが曇る
熱は無いが風邪ひきのような感覚で集中力に欠ける
寝苦しいのと抗アレルギー薬の影響で眠気に襲われる


せっかく暖かくなってきたのにライダーにとって花粉の季節は最悪なのだ
といっても今日も少し走ってきたよ♪
花粉症の特効薬が開発されノーベル賞に選ばれる日を願いながら・・・

はっくしょん!



桜の開花はじまる

上の写真を久しぶりに変えてみました
昨年4月5日 和歌山県岩出市の根来寺です

ニュースで桜の開花が次々と紹介される季節になりました
今年もタンデムで桜を見に走ろうと相談中
やっぱり行き先は吉野山かな
楽しみ♪

昨年4月12日の吉野山
yosinoyama280413002_R.jpg

最近とみに盛り上がっているもの

WBCなんて・・・と思っていたのに、ふたを開けてみると連戦連勝に日本中が熱狂
残念ながら準決勝でアメリカに敗退したものの結構盛り上がった

大相撲も大入りが珍しい状態だったのに、新横綱誕生に前売りは初日までに完売

サッカーもワールドカップ最終予選に突入


さらに
一強独裁体制の国会もマリオ総理が党総裁の任期延長で盤石・・・と思っていたら一転!
大阪から発射された森友ミサイルが総理や防衛大臣はじめ政治家のもとに次々と着弾
とうとう理事長が国会ですべてを語ると言い出した

大昔、時の総理大臣がロッキード社から1億円もらい航空機選定に口利きした事件があった。
今は総理夫人の名前にかけてアッキード事件と言うひともいるらしい。
国民の財産を大幅値引きして分割払いで売りとばした、この真相を知りたいと皆が願っている。

「9億円の土地が8億円の値引き?ありえへん」
当の総理も批判をかわすため「問題は価格が適正であったかだ」と言ってるのに、先日まで民間人の参考人招致はいかんと言ってたのに・・・
なぜ理事長だけ呼びつけるのか?

真相を明らかにするためには、公人である財務局や大阪府の役人を証人に呼べや!ではないのか。
今回の参考人招致で幕引きではなく、これから本気で真相に迫る態度を見せて欲しい。
これで終わりとは到底納得できない、これから始まりと信じたい。


う~ん、いつになく政治ネタに熱くなってしまったが、そのくらい怒ってるんだ!!


道の駅 虫喰岩

道の駅 虫喰岩
和歌山県古座川町の県道38号線にあります

musikuiiwa290304001_R.jpg

 musikuiiwa290304002_R.jpg

musikuiiwa290304004_R.jpg


目の前にそびえる奇怪な岩
musikuiiwa290304005_R.jpg

至る所に穴が開いているため虫喰岩と呼ばれます
musikuiiwa290304009_R.jpg

古代にマグマで作られた岩が風化して出来たそうで、紀南では所々で見られます。
耳の病気が治るという言い伝えもあります
musikuiiwa290304012_R.jpg

岩の上の方にも穴の中に構築物が
musikuiiwa290304010_R.jpg

あんな所にどうやって?
musikuiiwa290304011_R.jpg

まるで鳥取県にある国宝 投入堂みたいです
santokusan1129006_R.jpg

santokusan1129004_R.jpg

虫喰岩への道は県道ですが快走路です



道の駅 一枚岩

道の駅 一枚岩
国道371号線を北上すると古座川沿いにあります

itimaiiwa290304003_R.jpg

itimaiiwa290304004_R.jpg

目の前を流れる古座川はエメラルドグリーンの清流
itimaiiwa290304002_R.jpg

itimaiiwa290304006_R.jpg

向こう岸にそびえる一枚岩
itimaiiwa290304005_R.jpg

itimaiiwa290304007_R.jpg

itimaiiwa290304008_R.jpg


周囲は静かで野生のシカが出ることから、道の駅のレストランは「一枚岩鹿鳴館」
itimaiiwa290304011_R.jpg

レストランの窓から見上げる目の前の一枚岩には圧倒されます。


須賀神社 南部町

道の駅 みなべ梅振興館に展示された模型に釘付け
町内にある須賀神社の祭礼 渡御行列の様子です

minabesuga290204001_R.jpg

興味をひかれたのは南部の祭が近隣の祭を合わせたような内容であること。
たとえばこれ、笠鉾と呼ばれるんですかね。
minabesuga290204003_R.jpg

田辺市で見た祭の笠鉾
tanabe290202_R.jpg

幟旗
minabesuga290204004_R.jpg

これは南部町の北に位置する御坊市の祭
gobou290201_R.jpg

獅子舞は各地で行われているんですが
minabesuga290204006_R.jpg

御坊市で見た獅子舞に良く似ています
gobou290202_R.jpg


山車、こちらでは鉾と言うんでしょうか
minabesuga290204007_R.jpg

田辺祭に曳かれている鉾
tanabe290201_R.jpg



近隣のお祭りをごった煮したようで興味深々
道の駅から近くだったので須賀神社へ行ってみました。
minabesuga290204009_R.jpg


minabesuga290204010_R.jpg


minabesuga290204015_R.jpg

ここに神輿や獅子舞屋台などが収められているんでしょうか。

minabesuga290204017_R.jpg

詳しくは「和歌山県ふるさとアーカイブス」
 
祭礼日は10月9日と固定されているようで、機会があれば見に来たいです~

みなべ梅振興館

道の駅 みなべ梅振興館
南高梅の発祥の地で日本有数の梅生産地である南部町
南部川沿いに建てられた道の駅は、梅と南部町に関する資料館を兼ねています。

umesinkoukan290204002_R.jpg

外観も他の道の駅とは違いますね
umesinkoukan290204003_R.jpg

umesinkoukan290204004_R.jpg

梅に関する展示の数々
umesinkoukan290204006_R.jpg

umesinkoukan290204007_R.jpg

南部梅林のジオラマ
umesinkoukan290204008_R.jpg

展望室からも周辺の梅畑が見えます
umesinkoukan290204020_R.jpg

物産販売にも力を入れてます
umesinkoukan290204018_R.jpg

umesinkoukan290204019_R.jpg


こちらは南部の歴史を紹介する展示
縄文・弥生の遺跡も見つかり、古代から人が暮らしていた地域です。
umesinkoukan290204021_R.jpg

umesinkoukan290204022_R.jpg

特に2月は梅の見ごろ
一度訪れてみる価値のある道の駅です。

紀南の岩めぐりツー

弥生に入り春は確かにそこまで来ていると感じる。
そろそろバイクの季節じゃないか、ということで走りなれた紀伊半島ツーリング決行!

3月最初の土曜日、朝方は厳しい冷え込みに震え上がった(>_<)
午前9時出発、この時点で気温3度、今回も山手を避けて海岸線から紀南へ走る紀伊半島一周の旅が始まります。


紀ノ川沿いを走る京奈和自動車道は間もなく阪和道に直結、そうなれば時間短縮が出来るはずで楽しみです。
今は最終の岩出市でICを下りて国道24号を和歌山市へ、
9時45分 阪和道和歌山インター

休日渋滞も無く、いなみPで最初の休憩、バイクは他に一台も居ない。
kozagawa290304001_R.jpg


阪和道の終点、南紀田辺ICより先は紀勢道(無料区間)
終点のすさみ南ICへ
kozagawa290304002_R.jpg

対面通行区間も多く法定速度+αで流れに乗って走ると、燃費は30km/㍑を超えます。
何て経済的~
kozagawa290304003_R.jpg

国道42号で海沿いを快適に走ります。
kozagawa290304004_R.jpg

朝の気温は3度、ここにきて昼の気温は18度!?
途中の休憩でネックウオーマーをとり、インナーを脱ぎ、オーバーパンツを脱いで身軽になり、グリップヒーターもオフ。
いや~暖かい、春や♪
kozagawa290304005_R.jpg


R42を左折してR371へ
古座川町の名所へむけて快走路を走ります
kozagawa290304006_R.jpg


R371は紀伊半島を縦に通って大阪府に至り、自宅近くも通っている馴染みある国道です。
kozagawa290304007_R.jpg


ついたのは「一枚岩」 詳しくはまたあらためて紹介します
kozagawa290304008_R.jpg

itimaiiwa290304001_R.jpg


そこから快走路r38すさみ古座線を「虫喰い岩」へ。
musikuiiwa290304003_R.jpg


串本町の海岸線に戻りR42で「橋杭岩」へ
kozagawa290304009_R.jpg

何とも不思議な自然の造形、串本町と古座川町の岩を巡る旅。
それぞれが10kmくらいの距離にあり、道の駅が整備されています。
道路も景色も良くて気持ちよく走れるツーリングスポット、いちど走ってみてください。



今日の指令は「今晩のおかずに勝浦漁港の魚を買ってくること」
海岸線をR42で東へ、那智勝浦町でさんま寿司・干物・刺身・しらすを仕入れて、氷と一緒に保冷袋に入れてトップケースへ。
42リットルの容量は脱いだインナーやオーバーパンツと土産物を入れても余裕です。
この時点で14時30分、夕食に間に合うよう時間指定が有るため帰ります。

和歌山県の東端にある新宮市で海と分かれて、R168で奈良県十津川村を北上、途中で休憩した道の駅で16時。
これなら余裕で間に合うと缶コーヒーを飲んでると、PCX150のキャンパーさんがやってきて話した。
これから渡瀬温泉キャンプ場で一人酒盛りの予定か~ いいな

再び北上再開
奈良県五條市で京奈和道へ、橋本ICで下りてR371、この道の南端を昼に走ったなあ。

17時30分に無事帰宅
総走行距離402km、燃費29.1km/㍑でした。

晩のおかずが無事間に合ったので、次回も出かけられそうです(^_-)-☆


富士は日本一の山~♪

2月の日曜日、小田原から国道1号線を箱根へ、芦ノ湖に到着したら素晴らしい景色が待っていた(^O^)/

fujigoko2902001_R.jpg

よし!もっと富士山の近くまで走るぞ


道の駅 箱根峠にて
fujigoko2902003_R.jpg


海抜は高くなったのですが、残念ながら山の頂しか見ることが出来ません。
右手前に芦ノ湖、左手の山の向こうに富士の頂きがちょこっとだけ
fujigoko2902002_R.jpg

ここから箱根・芦ノ湖スカイラインへ
静岡と神奈川にまたがる延長10.7kmの有料道路で、尾根沿いにアップダウンのあるコーナーが連続。
景色は抜群でCM撮影に使われることも多い快走路

好天に恵まれて駿河湾を一望
反対側には日本一の富士の山が見えるはず
fujigoko2902004_R.jpg


しかし何故か富士山が煙っています???
fujigoko2902005_R.jpg

ああっと、手前の自衛隊演習場で草焼きがおこなわれ煙が~(T_T)
fujigoko2902006_R.jpg


標高1070mの三国峠
本当なら富士山が目の前に・・・しかし煙が~(>_<)
fujigoko2902007_R.jpg

さすがに海抜の高い日裏では残雪もあり、二輪では走行に注意を要するところです。
fujigoko2902008_R.jpg

道の駅 すばしり を過ぎて富士五湖のひとつ山中湖へ
fujigoko2902012_R.jpg


山中湖 交流プラザではイベントが開催中
fujigoko2902009_R.jpg

運び込まれた雪の山、ソリ遊びする子供たちの歓声が響きます。
fujigoko2902010_R.jpg

山中湖から見る富士山
fujigoko2902011_R.jpg


道志村方面も富士山の絶景が期待できるようですが、残念ながらそろそろ帰らないといけない時間に
fujigoko2902013_R.jpg

御殿場から東名に乗って約400kmをひた走り、19時過ぎに無事自宅へ戻りました。

久しぶりの1,000km超のドライブ
富士五湖周辺はバイクで、いつかまた走りに来たい道でした。

箱根駅伝の山登りを走った(ただし車で)

親戚のお葬式で埼玉にでかけた帰り、15時ころの終了・解散だったから高速をひた走れば当日のうちに帰ることも可能。
しかし翌日は日曜日・・・・ゆっくり帰ることに決めた~
だって、明日の天気予報は快晴で富士山が見たかったから(^O^)/

神奈川県伊勢原市でビジホに泊まって翌日の作戦を練る。
その結果、朝食が済んだら小田原に向かって出発!

海が見たいので西湘バイパスへ
バイクも多数走っていて気持ちよさそう~♪
hakoneyamanobori2902007_R.jpg


小田原城
お城マニアではないが有名な所なので寄ってみた
立派な天守閣だが見学は9時から、まだ20分以上あるので残念する。
hakoneyamanobori2902001_R.jpg


さあ、ここからはお正月恒例の箱根駅伝の山登りコースを車で走り、芦ノ湖の往路ゴールをめざします。

箱根登山鉄道
途中でも出会いましたが停車する場所が無く撮影できず
hakoneyamanobori2902008_R.jpg


新年2日は箱根駅伝をテレビで観戦しているので、何度も走っている道のように錯覚する景色。
あっと、走行中の写真は助手席で撮ってますんで
hakoneyamanobori2902009_R.jpg


函嶺(かんれい)洞門
hakoneyamanobori2902002_R.jpg


この酒屋には駅伝スポンサーのビール会社の大きな看板が掛けられてる・・・
hakoneyamanobori2902003_R.jpg

と思っていたがあれは正月だけのテレビ映り向け看板のようです。


富士屋ホテル
歴史ある超高級ホテルです、貧乏人にはとても泊まれません(T_T) 
hakoneyamanobori2902004_R.jpg


箱根登山鉄道の踏切
駅伝の時は選手優先で電車の方が止まって通過を待ってくれますが、今日は交通規則にしたがい一旦停止励行。
hakoneyamanobori2902005_R.jpg


国道1号線といっても道幅は狭くカーブが連続
バイクでなら楽しかろうと思っていたが、追い越し禁止区間のろのろ運転が続きこれでは今一つ楽しくないぞ。

苦しい登りが続きましたが国道1号線の最高地点を通過
hakoneyamanobori2902010_R.jpg


芦ノ湖へ到着
hakoneyamanobori2902011_R.jpg


箱根神社の鳥居
ゴールはすぐです
hakoneyamanobori2902006_R.jpg

小田原から標高差800m以上を一気に駆け上がる選手には感心します。
車とはいえ同じ道を走ったことで次回からのテレビ観戦の楽しみが増えました。

そしてゴールに待っていたのは美しい富士山でした
fujigoko2902001_R.jpg


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひまじん

Author:ひまじん
カメラ片手にバイク(V-Strom650とシグナスX)で時々撮影に出かけます。
ひまじんが過ごす晴耕雨読なスローライフ、晴走ブログな毎日を綴ります。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (8)
お祭り (66)
カメラ・写真館 (31)
V-Strom650XT (31)
カワサキW650 (18)
ヤマハ シグナスX (12)
バイク (25)
バイク用品・ツール (34)
ちょっとお出かけ (48)
紀伊半島ツーリング (59)
パワースポット巡礼 (29)
道の駅 各駅停車 (58)
思いつくまま (73)
健康おたく生活 (19)
美味いもん巡り (25)
北海道 (31)
季節の花と風景 (23)
高野山 (0)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR