2016-08

オイル交換はお任せで楽ちん

V-Stromは整備性が悪いバイクらしい。
昔はちょこちょことマメに工具を使って、古いバイクを整備して乗っていたのに最近は面倒に感じる(寄る年波じゃ~って言うのは誰?)
ラジコン飛行機作りなどの工作系の趣味も、老眼のせいかチマチマした作業が苦になる今日この頃。


と言い訳から入ったところで、オイル交換にバイク屋さんへ(それくらい自分でやれよ)

oil20160819001_R.jpg


「このバイクって整備しずらい?」と聞いてみると「こんなの序の口」だそうです。

oil20160819002_R.jpg

たしかにフィルター交換が無かったらカバーを外す必要もなく、プロの手にかかればちょちょいのちょい。

oil20160819003_R.jpg

まだまだキレイなオイルでしたが、今後も一定距離ごとに忠実に交換していきたいと思います。

帰りの道でシフトの感覚が違うのに気が付き、やはり新車でも違うんやな~と感心。
さあ、これで遠出も行けるぞ~、って思ったけど・・・いつになったら行けるんやろ?
まあいつでも出かける体制は整ったということで(笑)
スポンサーサイト

お知らせ:高野龍神スカイラインが全面通行止めに

紀伊半島ツーといえば高野龍神スカイライン
バイクの聖地とも呼ばれる快走路ですが、平成28年9月11日(日)にウルトラマラソン開催のため通行止めになります!
ツーリングシーズン到来で多数のライダーが走り抜ける季節、う回路と呼べる道が無いので要注意です。

skyline280911_R.jpg


高野龍神スカイライン・ウルトラマラソン HPで確認してください。


高野町の高野山大学から田辺市龍神温泉までの間が車両通行止めです。
ツーリングを計画中の皆さん、くれぐれもご注意ください。



雨男 開き直る

最近どうも雨に降られる確率が高いひまじん。
雨男というあらぬ嫌疑をかけられています。

決してそんなことは無い!・・・と断言できないのが辛いところ。

そんなある日、おなじみの2りんかんへ寄りました。
reinwea2rinkan001_R.jpg


店の前に置かれたのはレンタルバイク
reinwea2rinkan002_R.jpg

気になる料金は・・・NC750で一日15,500円
reinwea2rinkan003_R.jpg

250クラスならぐっとお手軽、さらに平日は20%OFF
reinwea2rinkan004_R.jpg


いやいや今日はバイクを借りに来たのではなくて。

reinwea2rinkan005_R.jpg

雨具を物色に
reinwea2rinkan006_R.jpg

雨具は日頃はシグナスに積んであり、V-Stromで出かける際に積み替えています。
邪魔くさいからと持参しない時に限って、突然の雨に会うかもしれないので買い増しです。


ワゴンセールに魅かれたが、気に入った色とサイズが無い。
reinwea2rinkan007_R.jpg


今着ているジャケットより高い高級品を眺めて(見てるだけ~)退散
reinwea2rinkan009_R.jpg

結局、現品限りの特価品をお買い上げ♪
レジのきれいなお姉さんが「私もこれの色違いを愛用してますが、撥水性が良いんですよ。」と教えてくれました。

reinwea2rinkan011_R.jpg

カラフルな色のバリエーションがありますが、上が黄色で下が黒色のを選びました。
雨の日に他車からの視認性が良いかなと思ったのですが、帰ってから「工事現場の色やね」と家族からツッコミが。
「何言うてんねん、阪神タイガースのチームカラーやんか」と言い返すのが精いっぱいの雨男でした。


これで雨対策はOK(^O^)/
いつでもかかってきなさい!(できればかかってこないで~)

面白い看板 何丁目?

ここは大阪市北区
日本一長いアーケードの商店街で知られる天神橋筋

信号待ちで止まってふと右手を見ると・・・バス停とお弁当屋さん

kokohadoko001_R.jpg


どこにも有りそうな町角の景色

ん!?

バス停は天神橋7丁目だが、お弁当屋さんは8丁目店。

kokohadoko002_R.jpg


もしバスに乗ってこの店へ来る人がいたら、次のバス停で下りて数百メートルを歩いて、たどりついたら手前のバス停前だった。
なんていう悲劇が起きるかもしれない(;一_一)

別にどうでも良いんですが、A型人間としては気になるところ・・・

夏のバイク乗りあるある

暑い日が続いてます。
気温が体温を上回るんやから、生きているのが大変な炎熱地獄の毎日やね。

こんな日もバイクに乗る変態さんなら共感してくれるかも・・・


1. 信号待ち
看板や建物の陰があれば、直射日光を避けて選んで停まる。


2. 虫アタック
暑さを少しでもしのごうとヘルメットのシールドを開けて走ると、顔に虫があたる。
かと言って閉めていても虫がびっしりとへばりつく。


3. 蜂アタック
暑さを少しでもしのごうとジャケットの前を開けて走っていると、昆虫が飛び込んでモゾモゾする。
停車して追い払おうとすると蜂だったのが分かりぞっとする。


4. 急な雨
夏の大気が不安定な日は、急に空が暗くなり風が吹き始める。
「涼しくなってうれしい」と思っていると豪雨にあい、あわてて合羽を着ると中は蒸れて前より暑い。

5. 空冷エンジン
空気へ熱を放出して冷やす構造なので、信号待ちなどで停まるとモアッとした熱い空気が。
冬ならシリンダーヘッドに手をかざして暖をとるのに、夏は愛車のエンジンがいまいましい。
水冷でもカウリング付きの場合は、その内側を熱い空気が上がってくる車種があるらしい。


夏は暑く、冬は寒く、いずれもバイクには厳しい季節ですが、季節感を感じられる乗り物だと思えば・・・
それにしても温暖化の影響か近年は暑さが異常なので、熱中症から命を守る必要があります。
早く秋になり涼しくなって欲しいと願う毎日。
皆さんも気を付けてお過ごしください。



面白い看板 ワイン食堂

ワインという飲み物は、ひまじんのような貧乏人にはなじみが少ない。
高級、優雅、芳醇、・・・縁のないような言葉が浮かびます。


ワイングラスに注がれた液体を眺め、香りを確かめ、舌の上で味わう。

あかんあかん
生ビール大、焼酎お湯割り、熱燗・・・が似合ってるんや。
ワインなんてチビチビ飲めるかい。


ん!?

winesyokudou002_R.jpg



がぶ飲み  これなら性格に合うかも

winesyokudou001_R.jpg

でもワインにがぶ飲みは似合わんやろ~






さらに深まる雨男疑惑!?

暑い日が続いてます(;一_一)
しかも紀ノ川沿いは7月中ごろから雨が無くて干ばつ状態です。

8月6日(土)
「なあ、久しぶりにタンデムで出かけへん?」
「暑いし夕立に会いそうやから行けへん」
「雨なんか降るかい。ほんなら一人で行ってくるで~。」
「どうぞ」

というやりとりが有って、気ままなぶらりツーに出発。
9時の遅い出発で気温はすでに30度!
特に行き先を決めずに出たが、渋滞は暑くてたまらんと紀伊山地の林間・清流沿いを走ることに。
出来るだけ信号待ちや渋滞の無いルートで、足をつく回数を少なくしよう(^O^)/

自宅を出て間もなくの踏切で1回目、R371へ出る信号で2回目の足つき。
南へ約3kmで京奈和自動車道の橋本ICから和歌山方面へ。
かつらぎICを下りてR24へ出て西へ、約1kmの間に信号待ち3回で合計5回。
笠田交差点を左折してR480、ここからずっとノンストップで高度を上げる。

かつらぎ町のはずれ、志賀高野山トンネルを越えると高野町。
トンネルを出て右折してR370で紀美野町へ。
aritagawa0806001_R.jpg

貴志川に沿った道で交通量も少ないので快適、信号も無いので足つきゼロ(写真撮影の停車は除外してね)
aritagawa0806002_R.jpg

清流を眺めるだけで涼しい、いたるところでアユ釣りや家族連れの川遊びを見ました。
aritagawa0806003_R.jpg

海南市に出ると信号と渋滞が考えられるので、山越えして有田川方面へ向かいましょう。
この交差点(もちろん信号も無し)を左に、生石高原を通る県道19号(美里龍神線)通称龍神街道です。
aritagawa0806004_R.jpg


立派な名前の道ですが、だんだん細く険しくセンターラインもガードレールも無くなります。
木陰で涼しいんですが、対向困難な道幅と見通しの悪いカーブの連続に、変な汗をかきました。
aritagawa0806005_R.jpg

山を越えてR480に出ると、金屋町まで来て道の駅「明恵ふるさと館」で休憩。
ここまで約80分間ノンストップで足つき回数6回目。
aritagawa0806006_R.jpg

ここへ来たら土日祝限定営業の焼き鳥を、1本130円で塩とタレが選べます。
aritagawa0806007_R.jpg

焼き鳥を食べながら壁のポスターを見ると、気になるバイクイベントの告知がありました。
aritagawa0806009_R.jpg

棚田でもライトアップが行われるようです。
aritagawa0806010_R.jpg

急に青々した棚田が見たくなり、R480を戻ってあらぎ島へ。
足つき7回目。
aritagawa0806011_R.jpg

テレビの県民ショーで有名になったワサビ寿司の赤玉食堂で8回目、高野山から龍神へ向かって走り出すと前方に怪しい雲・・・
ポツリと来たなと思ったら・・・雨
おまけに遠くで雷鳴まで聞こえ、あわてて合羽を着て9回目の足つき。
先を急ぎ予定を変更して家へ逃げ帰ることにした。
aritagawa0806012_R.jpg

かつらぎ町花園付近で雨雲に追いつかれ、見る見るうちに道端を濁流が走るゲリラ豪雨に。
雨宿りしようか迷いながらトンネルを過ぎると、その先は道が乾いているではないか?
振り返ると峠の向こう側には真っ黒な雲。
さらにひた走り、道はすっかり乾いて前方の空は明るい。

冒頭の写真で紹介した志賀高野山トンネルを出た所で、広い路側に寄せて合羽を脱ぐのに10回目の足つき。
対向するバイクがこちらを不思議そうに見ながら次々と走っていく。
あんたら、もう少し先に大変な雲が待ってるんやで(-。-)y-゜゜゜

無事帰宅してガレージに格納すると、後ろから追いかけてきた雷雲が上空に広がり雷雨に(;一_一)
気象警報が出されて激しい雷雨は2時間あまり続いた。
結局、約200kmを走って足つき回数18回でゴール。

干ばつが解消して庭木や畑の作物には恵みの雨でしたが、うちでは「誰かさんが雷雨を連れて帰った」と言われ、ますます雨男疑惑が深まったのでした・・・

鍵束による小傷発生!!

以前、ヘルメットホルダー増設の記事で書いたのですが、ひまじんのV-Stromは鍵の数がやたら多い(>_<)
メインキーに加え、純正でないケースはトップとパニアのカギが異なります。
使い勝手の悪いシート下のヘルメットホルダーをあきらめ、ミラー掛けタイプを追加しました。
防犯のワイヤーチェーンが加わると、キーホルダーはパンパン!


先日、洗車の際にハンドルバー中央に小傷を見つけました。
走っている途中に鍵がこすれて付いたものと思われます。
kagitaba001_R.jpg

どこが?写真では分からないくらいの微々たる傷ですが、これは何とかしないと。

鍵束はこんな状態で、走行中に振動で傷をつけたと思われます。
kagitaba003_R.jpg


対策は・・・

鍵を外して別の束にすることにして、メインキーにはキーホルダーのみに絞りました。
kagitaba004_R.jpg


使ってみると、この方が勝手が良いんですわ。
暖気しながらパニアケースの脱着・開閉や、休憩後の出発時にもエンジン始動後にメットをホルダーから外すといった、二つの作業が順にではなく同時に出来るのがその理由です。

kagitaba005_R.jpg

問題は別になった鍵束を落とさないか、失くさないか・・・

ジャケットのポケットに入れ、ファスナーを締めるクセを付けるしか無いんやろか(;一_一)

道の駅 紀伊長島まんぼう

道の駅 紀伊長島まんぼう

三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区東長島2410-73
国道42号沿いにあります。

kiinagasimamanbou002_R.jpg


kiinagasimamanbou003_R.jpg

ここのウリは何と?!まんぼうが食べられること
kiinagasimamanbou004_R.jpg

まんぼうって・・・ドクトルまんぼう北杜夫 あのプカプカ海に浮かぶ魚
南太平洋から黒潮に乗って紀伊半島沖にも居てるんやね
kiinagasimamanbou005_R.jpg


中に入ると
kiinagasimamanbou006_R.jpg

お寿司屋さん
名物はさんま寿司
kiinagasimamanbou007_R.jpg

焼き立てパンも人気です。イートインも可で休憩によろしいかと。
kiinagasimamanbou008_R.jpg

お土産Tシャツのデザインも、まんぼう。
kiinagasimamanbou009_R.jpg

こんな珍しい食べ物も売られてます。
ガンガラ(貝)と亀の手
kiinagasimamanbou012_R.jpg


kiinagasimamanbou013_R.jpg

とってもオリジナルな道の駅です。

V-Stromにタンクバッグ装着

「タンクバッグはダサい」という人がいます。
たしかにバイクのシルエットがくずれる、さらに知らぬ間にタンクに小傷を付ける。
しかし、使った者にしか分からないその便利さは捨てがたいものがあります。

V-Stromは金属部分が限られ、マグネット式で使えるものが少ない。
また独特のタンク形状からフィットするものが限られる・・・といった情報は購入前から把握していました。

従来から手持ちのバッグは、タナックスのスマートタンクバッグMFK-17
もしかして使えるかな?、と試してみました。
tankbag001_R.jpg


やはりV-Stromのタンクにはピタリとはいきません。
もう少し前方に付けないとメタボのお腹が干渉します。
でも前に付けると左右のマグネットの長さが足りなくなり固定できません。
tankbagset2016002_R.jpg

ライダー目線でもマップが手元過ぎて、もう少し前方に取り付けたいものですが・・・
tankbagset2016003_R.jpg



そこで前のフラップを左右ではなく前方に持ってくると、給油口まわりの金属部分にピタリと貼りついてくれました。
写真は前方からタンク上部を見た所で、マグネットの位置が良く分かります。

万一の落下防止にストラップをハンドルに通してますが、マグネットだけで問題なく使用に耐えそうです。
この方法でバッグを出来るだけ前方に付けてみます。
tankbagset2016005_R.jpg


このくらいなら腹のつっかえも、信号待ちでマップをチラ見するのも、許容範囲ということで納得しましょう。
tankbagset2016004_R.jpg

夏は氷入り麦茶を水筒に入れて持参してますが、これでいちいち停まってトップケースから出さなくても、またがったままタンクバッグから出して飲むことが出来ます♪

見た目より実用性、しばらくこれで試してみたいと思います。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひまじん

Author:ひまじん
カメラ片手にバイク(V-Strom650とシグナスX)で時々撮影に出かけます。
ひまじんが過ごす晴耕雨読なスローライフ、晴走ブログな毎日を綴ります。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (8)
お祭り (64)
カメラ・写真館 (31)
V-Strom650XT (26)
カワサキW650 (18)
ヤマハ シグナスX (11)
バイク (22)
バイク用品・ツール (32)
ちょっとお出かけ (41)
紀伊半島ツーリング (54)
パワースポット巡礼 (27)
道の駅 各駅停車 (51)
思いつくまま (64)
健康おたく生活 (17)
美味いもん巡り (25)
北海道 (19)
季節の花と風景 (20)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR