2016-05

プリロードって何だ?

V-Stromにはプリロードという機能があります。

スズキのHPによれば、「リアサスペンションに装備されている油圧式プリロードアジャスターは、利便性を考慮しフレームカバー(右側)の下に配置。ノブを回す事でスプリングプリロードの増減を可能としている。」

priroadadjaster001_R.jpg


何のこっちゃ?

このつまみを回すことでリヤサスの硬さを簡単に調節できる機能らしいです。

priroadadjaster002_R.jpg

購入後、特に必要とすることもなく、忘れかけていました・・・・が

久々にタンデム
後席に○㎏の負荷を受けた結果、走り出すと違和感がありました。
当然なんですが、リアタイヤの空気圧が低いような、パンクしたような感覚。
コーナリングでバンクするとグニュといった感じで怖い。

そこでプリロードなるものを調節してみました。
操作は簡単、つまみを握って回すだけで道具いらず
5段階のうち標準から、3段階あげて強い目に変更・・・結果は
priroadadjaster003_R.jpg

明らかに効果がありました♪
コーナーでよれることもなく、マンホールなどのギャップ通過もスムーズ。


後日、ひとりで高野山へ
クネクネを走るとコーナリング中に、段差でリヤが跳ねるような感覚が。
プリロードを戻していないことに気が付いて、標準に戻したところ落ち着きました。


サスの力を思い知りました。
便利な機能です。
しかし一つだけ困ることが・・・
プリロードを強くしてサスの沈み込みが少なくなると、ただでさえ悪い足つきが、さらに悪くなります(泣)



スポンサーサイト

飲酒運転専用道路!?

大阪府のあるところ
信号待ちをしていると向こうの横断歩道に横断幕が。

警察署・ライオンズクラブ・交通安全協会が設置したものです。
が・・・・何か違和感が

insyuuntendouro02_R.jpg


飲酒運転 通れません この道路!?
insyuuntendouro01_R.jpg


他の道へまわれ、裏道ならOK、まさかそんな意味では・・・
飲酒運転は日本全国どの道でも禁止ですから(笑)

雨の日のひまつぶし トップケースに内装

Givi E42Nが便利してます。
一人の日帰りツーリングなら収納は十分です。

常備しているのはワイヤーロック、ツーリングネット、シールドの清掃に使うウエットティッシュ。
インカムの不調時に備えてケーブル、ちょっとしたキズ薬に花粉症マスク。
ツーリングマップルに道の駅スタンプ帳、メガネ(老眼鏡)←これ大事
あとは合羽と予備のグラブ

雑多なものが無造作に入れられ、このままではガタガタ音を立てることも。

topcaseinnar001_R.jpg


そこで雨の日にごそごそと作業
宅配荷物に使われていたプチプチを内装に貼ってみました。

topcaseinnar002_R.jpg


内容積はほんの少し犠牲になりましたが、雨合羽を底に敷いてという必要が無く、ガタガタ音は消えました。
一眼レフを持参する際も多少は緩衝材として効果が期待できそうです。

topcaseinnar003_R.jpg


やまなみロードは奈良の快走路

単調で退屈な高速道路よりも、変化に富んで風景の楽しめる農免道路が好き♪

奈良県の北部を走る通称やまなみロード。
西名阪道を下りてすぐにあるため、大阪府からも近く、休日は多くのバイクが走っています。


正式名称は奥宇陀広域農道
西名阪自動車道の小倉ICから国道165号を経て、室生寺の近くまでの15km余りです。


小倉インターを下りると案内標識
yamanamiroad0519001_R.jpg


快走路の始まり~
yamanamiroad0519002_R.jpg

農免道路ですが山の中をほぼ走っており、まるで高規格林道です。
yamanamiroad0519003_R.jpg


途中でR165と立体交差
yamanamiroad0519004_R.jpg


道沿いで大勢が農作業中・・・と思ったら「かかし」
yamanamiroad0519005_R.jpg

リアル~!
yamanamiroad0519006_R.jpg


室生トンネル
中はひんやりと冷たいです。
yamanamiroad0519009_R.jpg


入り口横には滝が落ちてます。
yamanamiroad0519010_R.jpg


ここが南側の終点
途中に信号は無く、対向車も15kmの間に数台と走りやすい道です。
しかし時々、取り締まりがおこなわれてますので要注意です。
yamanamiroad0519007_R.jpg



r28は室生寺の前を通り、室生川に沿って走る平坦な美しい道です。
もみじの新緑がキレイで、アップダウンが少ないので自転車にもよく出会います。
しかし紅葉の頃は渋滞があります。
yamanamiroad0519011_R.jpg


ちょっと休憩
yamanamiroad0519013_R.jpg

ピカピカで景色を写すモニュメントが置いてありますが・・・何やろ?
yamanamiroad0519015_R.jpg


yamanamiroad0519021_R.jpg

yamanamiroad0519020_R.jpg


R165から農免道路に乗ったところ。
yamanamiroad0519022_R.jpg

帰りは御杖村・曽爾村・宇陀市・吉野町と、快走路をつないで吉野川沿いに出ました。
ここから大淀町までの国道は、頻繁に設置された信号が連動していないイラッとする道。
次々と赤信号の攻撃に耐えながら、じっと我慢の子で通過しました。

約200kmの散歩は27.5km/㍑の好燃費
○菱自動車の偉いさん、ガソリンが安くなったといっても庶民は燃費が気になるんだよ。

道の駅 あわじ

道の駅あわじ
兵庫県淡路市岩屋1873-1

早い話が明石海峡大橋を淡路島に渡ったすぐ下にあります。

mitinoekiawaji007_R.jpg


mitinoekiawaji001_R.jpg

お土産
mitinoekiawaji002_R.jpg

レストラン
mitinoekiawaji003_R.jpg

mitinoekiawaji005_R.jpg

食べ物はテイクアウトして、海と橋を眺めながら食べることが可能。
あわじバーガーを食してみましたが「うまい!」
mitinoekiawaji004_R.jpg

海の幸を堪能できます。
mitinoekiawaji008_R.jpg

お土産にすることも可能。
焼きアナゴを買って帰り、アナゴ丼にして食べました。
mitinoekiawaji006_R.jpg

スタンプも鯛を釣りあげた戎さん。
mitinoekiawaji009_R.jpg


道の駅 東浦ターミナルパーク

淡路島北部の東海岸沿い
神戸淡路鳴門自動車道の東浦インターからすぐです。

higasiuraterminaru001.jpg


higasiuraterminaru009.jpg

店内に入ると蛸を姿のまま鉄板で焼く名物店から良い香り
店の撮影はご遠慮

淡路島はタコやアナゴ、タイやフグ等の海産物が豊富
higasiuraterminaru002.jpg

酪農も盛んで牛乳や牛肉(あわじ牛)も有名
higasiuraterminaru003.jpg

レタス、たまねぎ、農産物生産も盛ん。
higasiuraterminaru005.jpg

加工品にもなっており、お土産に迷います。
higasiuraterminaru007.jpg


海沿いに平坦な道が続く淡路島は自転車で走り回る方も多く、道の駅に自転車店が併設されレンタサイクルも置いてました。
higasiuraterminaru004.jpg

猫グッズ
東浦には猫にまつわる昔話があって、猫の里をアピールしています。
higasiuraterminaru006.jpg


近くに「中浜稔 猫美術館」、徒歩で立ち寄ることが出来ます。
higasiuraterminaru008.jpg

higasiuraterminaru010.jpg

ラビットスクーター ハイスーパー90

国産二輪で一世を風靡した「ラビット・スクーター」
中島飛行機が第二次大戦後に富士産業(のちに富士重工業)と名を改め、1947年(昭和22年)から1968年(昭和43年)まで製造販売したものです。

自宅の倉庫を片付けていると、長らく放置されていたバイクが出てきました。

rabitto90highsuper002_R.jpg

後輪は空気が抜けて、シートをかけていましたが車体がホコリで汚れています。
rabitto90highsuper001_R.jpg


ラビットハイスーパーS-211A(1966年発売) というモデルです。
ディスクロータリーバルブを採用した90cc2ストローク単気筒エンジンを搭載し、混合ガソリンを使用します。
他のラビットシリーズと異なる車体設計により、シート下に大容量のトランクルームがあり、125ccが主だったラビットシリーズの中で、数少ない90ccモデルです。

洗車してみますと、結構きれいですね。
rabitto90highsuper006_R.jpg

rabitto90highsuper007_R.jpg


当然エンジンは始動しませんが、車体には特に損傷も無くて、レストア可能と思われます。

ハンドル右手にMIX(混合ガソリン)の燃料キャップ
距離計は9368kmです。
rabitto90highsuper008_R.jpg


右足が後ろブレーキ、右手レバーが前ブレーキ。
rabitto90highsuper009_R.jpg


チェンジは3段変速、左手グリップを回して変速操作します。
車体のほとんどが金属製で、今のスクーターに比べると重さは2倍近いようです。
rabitto90highsuper010_R.jpg


このバイクはお医者さんが往診用に乗っていたものを、30年くらい前にある方から頂いたもので、修理してしばらく足代わりに乗り回していました。
しかし、何せ古いものでご機嫌を伺いながら走る必要があり、一度は通勤途中に信号待ちで右折レーンに停止した時にエンスト!
アイドリングが低くプラグがかぶってしまったようで、あわてて路外まで押し出して再始動まで大汗をかき、あやうく遅刻するところでした。

そんなこんなで次第に乗らなくなりナンバー返納したのですが、車体は倉庫の奥に眠ったままでした。
もう一度走る姿を見たいような、でも自分でレストアするのは大変・・・

思い出したのは昔なじみの旧車マニアNさん。
トーハツ・ランペットといった非常に珍しい二輪を、多数再生して所有されてます。

電話してみると早速駆けつけてくれました。
そういうわけでNさんにお譲りして、復活に取り組んで頂くこととなりました。
彼ならば新車同様に仕上げて、再び軽快なエンジン音とともに走り回ることと思います。


ラビットスクーターよ、永遠に。

緊急 コイルの不具合について

V-Stromとノアで全国を旅するブログ「風工場 In Sky And The Earth」
当ブログもリンクしており、管理人のけんさんにはコメントも頂いています。

そのけんさんがゴールデンウイーク後半に東北ツーリング中、バイクの不調により旅を断念することになりました。
詳しくは5月7日にアップされた「V-Strom650国内仕様 ステータコイル不具合に関する報告書(異常発症の状況)」を参照してください。


適正に発電されず突然のエンジンストールに至るという故障が、この車種で相当数発生していると思われています。
旅バイクであるV-Stromが遠方で突然、鉄とプラの塊になって動かなくなると、ロードサポートを受け修理に預け、交通機関で帰宅して後日再び受け取りに行く・・・
オーナーには何とも大きな負担がかかり、考えただけでも憂鬱になります。

先日も高速道路で故障のため停車した車に、後続車が追突するという死亡事故がありました。
バイクで走行中に突然のエンジンストールに遭えば、悲惨な結果になってしまうのは明らかですから怖いですね。

日頃から点検整備に余念のないけんさん、それでも防ぐことのできないマシントラブルにユーザーとしては、電流電圧計を付けて常時監視して自己防衛するしかないんでしょうか。

今月末には浜松で「V-Stromミーティング」が開かれます。
この問題に関して質疑もあるのかもしれません。
ひまじんも都合が付けば参加したいと考えていますので、その際は続報をお伝えすることにします。



プロテクターを見直してみた

体をむき出しで走るバイクは、万一の時にはライダーのダメージが大きい。
せめて着用するウエアや装備で構えることが大事。

というわけで2りんかんへ
niiprotector001_R.jpg


リターンライダーの事故急増と言われてまして・・・
その平均年齢が48.5歳

俺が平均年齢を大きく引き上げてるやんか(笑)
niiprotector002_R.jpg


プロテクターのコーナーへ
niiprotector003_R.jpg


夏になると防風ジーンズを愛用することが多く、膝に付けるガードを探します。
大きく分けて「外に装着する」タイプと、「内側に付ける」ものがありますが、外付けは「膝擦りに行きます」感があり回避。
バイクを下りて歩く時も違和感のない内側タイプから選びます。

ウエアーに装着するタイプはパンツ側に加工が必要なのでパス。
niiprotector004_R.jpg


そうなると中に着るタイプとなります。
それだけでも多くの種類があり迷います。
niiprotector005_R.jpg


普段は薄く柔らかくて、衝撃が加わると硬化する製品もあり、装着感が膝にフィットしてかさばらず良かったです。
しかし、頭の古い堅物のひまじんは「ほんまに万一の際に効果あるんやろか?」
結局オーソドックスな物を購入しました。
niiprotector006_R.jpg

これをタンスの肥やしにしないことを誓います。
これが効果を発揮する事故の無いことを願います。

みかえりラーメン

みかえりらあめん
橋本市市脇にあるラーメン屋さんです。


前を走るのが国道24号線、向こうに見える信号が市脇交差点
駐車場は10台くらい。

mikaeri201603010_R.jpg

mikaeri201603001_R.jpg


mikaeri201603002_R.jpg


店の中はカウンターとテーブル3つ、小上がりに4テーブルで30人くらい大丈夫。

mikaeri201603009_R.jpg

壁にはお祭りのポスター、上を見上げると各地区のタオル。
お祭り好きです。

2階にも座敷があり、宴会もできるようです。



mikaeri201603007_R.jpg

お昼はセットで
mikaeri201603006_R.jpg

居酒屋のようなメニューも
mikaeri201603008_R.jpg



来ました♪ 半チャンセット

mikaeri201603003_R.jpg


醤油とんこつの和歌山ラーメン
鉢のマークに注目
「み」の字が裏返し・・・店名の「みかえり」です

mikaeri201603004_R.jpg


パラパラで美味しい焼き飯

mikaeri201603005_R.jpg


日頃は健康のため低カロリー減塩生活のひまじん
時々そのストレスを晴らすため高カロリー高塩分のメニュー
これが美味いんですわ(笑)
ほどほどに


伊弉諾神宮の春祭り

国生み伝説の淡路島
神様が日本をつくるとき、淡路島を最初に作ったのだとか。


そんな淡路島の一の宮、伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)


毎年、4月20日から22日の3日間が春祭り。
祭は土日に、という傾向のなかで祭礼日固定を続けています。

izanagijingu0422002_R.jpg

神社前には宮入を待つ太鼓台(左)とだんじり

izanagijingu0422001_R.jpg


昔は担いでいた太鼓台ですが、台車に載せて運行されています。

izanagijingu0422004_R.jpg


珍しい舟だんじりもあります。

izanagijingu0422005_R.jpg


本殿では祭礼神事がおこなわれ
izanagijingu0422010_R.jpg

午後の渡御に備えて神輿が置かれています。
izanagijingu0422007_R.jpg

こちらには子供たちが担ぐ樽みこし
izanagijingu0422006_R.jpg

小中学校は午後休校のようで、11時過ぎには下校の列でした。
ひまじんの地元も昔は10月15日が祭で、学校は半日でした。
昼食をかきこんで神社へ急いだことを思い出します。

神事が終わると順に拝殿前に曳き入れて、境内を一周して並べ置いて渡御を待ちます。
izanagijingu0422008_R.jpg


台車に乗せたままという地区が多いなか、太鼓台を担ぎあげて練る地区もあります。
大勢の若者に担がれ差し上げられる姿は勇壮です。

izanagijingu0422009_R.jpg


ここの祭は見てみたかったのですが、この時期の平日は休みにくいという事情から実現せず。
たまに休日にあたった年はお天気に恵まれず、サラリーマンを卒業してやっと来ることが出来ました。
\(^o^)/ひまじんバンザイ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひまじん

Author:ひまじん
カメラ片手にバイク(V-Strom650とシグナスX)で時々撮影に出かけます。
ひまじんが過ごす晴耕雨読なスローライフ、晴走ブログな毎日を綴ります。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (8)
お祭り (64)
カメラ・写真館 (31)
V-Strom650XT (29)
カワサキW650 (18)
ヤマハ シグナスX (11)
バイク (25)
バイク用品・ツール (33)
ちょっとお出かけ (44)
紀伊半島ツーリング (58)
パワースポット巡礼 (29)
道の駅 各駅停車 (58)
思いつくまま (69)
健康おたく生活 (19)
美味いもん巡り (25)
北海道 (26)
季節の花と風景 (23)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR