2015-12

年末年始太りに要注意!

今年も暮れようとしています。

うちにも大阪市内に住む長女が、孫を二人連れて帰省してきました。
おかげで朝から賑やかです。


30日まで仕事でしたが、ようやく休みに入りました。
明ければ新年は4日(月)から仕事が始まります。
今年はカレンダーの並びが良くないですね。


正月は朝からお屠蘇、雑煮にお餅、宴会、暴飲暴食
朝寝に昼寝、夜更かしに夜食という不健康な毎日。
これではせっかくダイエットしてても、あっという間にリバウンドです。


はたして何キロ増で抑えることが出来るか?
年始から何日で元に戻すことが出来るか?
今夜の時点で体重は56.7kg

また、しばらくたったらご報告します。
それでは、皆さん良いお年を。


スポンサーサイト

新車をこかしてもうた~

ショックです

バイクはローダウンしてるので、サイドスタンドが立ち気味になります。
「駐車時は要注意やね」「路面の傾斜に気を付けてたら大丈夫」とバイク屋さんと話してたのに。


自宅のガレージ前はカマボコみたいに傾斜のついたセメント舗装です。
道の左に停めれば問題ないんやけど、この日は逆サイドに停車。
シャッターを上げて入れる前にトップケースを外していた。


ゆっくり右に傾いていくバイク (゜o゜)
あわてて右に駆け寄り支えようとしたが遅かった。
ずしりとした手ごたえに「これは無理」と即座に悟り、せめてそっと横に倒すのが精いっぱい。

急いで起こすと汗びっしょりで心臓バクバク(;一_一)

被害状況を点検するとブレーキレバーの先が折れ、グリップエンドに傷!

vstrom650xt1226004_R.jpg


さらにタンクに傷

vstrom650xt1226005_R.jpg


幸いマフラーは無傷

vstrom650xt1226006_R.jpg


レバーは操作に支障ないけど年明けたら交換やね、
傷はワックスで磨いたら少しはましになったけど、心の傷は深い・・・

何やってんねん、あほ! と自責の念にとらわれている (T_T)

ショートスタンドも検討するかな・・・・
いや先にエンジンガード装着や

へまなことしたけど、これが今年の厄落とし。
来年は安全に楽しく乗っていこう。


これ書いてる今、腕の筋肉が痛い~





バイクの慣らしに十津川へ

暖冬異変とはいえ寒い日もあります。

12月20日(日)の朝は気温マイナス1度でした。
近畿各地も冷え込み、奈良県の針ではマイナス4度まで下がったとか。

こうなると凍結の心配もあり、バイクは活動を控えることになります。


しかし、お昼頃になると雲一つないお天気で気温急上昇。
12度の表示をみて午後から、ゴソゴソと出かけることにしました。

日も短いので行き先は十津川まで往復。
バイクの慣らしとクネクネの練習です。


国道168号は信号の少ない快走路
足をつかなくていいのがウレシイ。


いつも思うのだが、正面の旅館「昭和館」
名前の通りレトロな外観にマッチした名前です。

totukawa271220001_R.jpg


猿谷ダム

totukawa271220002_R.jpg



1時間で谷瀬の吊り橋に到着。

totukawa271220007_R.jpg


totukawa271220010_R.jpg


ここでUターン
帰路で気付いたがガソリン残量が思ったより少ない。
メーターは残量にあわせてインジケーターの棒が5本。
点灯してるのは最も少ない1本、横にある給油機のランプが点滅・・・


十津川から五條まで給油所は無い
こんな山中でガス欠なんて御免だ~
しかもインカムまでが「バッテリーロー」と電池残量が少ないと言い出した。
なんて心細い・・・・

totukawa271220013_R.jpg

取説には残り4リットルでインジケーターが1本、それから約100kmくらい走れるはず。
しかし、メーターの信頼性は?
そう思い出すと少しドキドキ。

でも自宅近くの行きつけスタンドまで戻って給油した。

totukawa271220014_R.jpg



結局満タンで16リットル
まだ余裕でメーターはほぼ正確に残量を伝えてくれてるようで安心した。

totukawa271220015_R.jpg



はじめての給油で燃費はメーターでは25.6km/リットル
満タン計測では27km/リットル
予想以上の好燃費だ

しかもV-strom650の指定はレギュラーガソリン
これなら経済的負担も少ないぞ。


コンデジの写真がブレブレで失礼しました。
そろそろ買い替え?
いや腕の問題やろ~




道の駅 針T・R・S

道の駅 針T・R・S(はりテラス)

奈良市の東部  名阪国道沿いにあります。

430台の大きな駐車場
大型も43台と余裕のスペースですが、いつも多くの車で賑わいます。


haritrs271205003_R.jpg

haritrs271205011_R.jpg


そして多くのバイク

haritrs271205012_R.jpg

haritrs271205014_R.jpg

haritrs271205015_R.jpg


マスツーの集合や休憩に利用されることが多く、休日は停める場所を探す状態です。



ここは奈良の玄関口にあたり、観光情報コーナーが充実しています。

haritrs271205004_R.jpg


haritrs271205007_R.jpg


haritrs271205005_R.jpg



コンビニ
haritrs271205008_R.jpg


焼き立てのパン屋さん

haritrs271205009_R.jpg


本格的なレストランから軽食まで選べる食堂街

haritrs271205010_R.jpg

さらにイチゴ狩りがこの裏で出来ます。

温泉施設もあって、これはもう道の駅というよりは大型レジャー施設
関西のライダーの聖地です。

haritrs271205006_R.jpg





バイクもライダーも慣らし中

12月13日は暖かく穏やかな日曜日
走りなれたクネクネでコーナリングの感覚に慣れたいと思い、少し時間を作って午後から高野山へ。

数日前の低気圧通過で落ち葉が多いだけでなく、杉の枝も路面に落ちており要注意。
エンジンを4,000回転以下に心がけ、静かな走りで急な坂を上る。


1時間足らずで高野山へ
お約束の大門前で1枚

kouyasan271213003_R.jpg


もう1枚

kouyasan271213005_R.jpg


檀上伽藍へ移動して

kouyasan271213009_R.jpg


kouyasan271213008_R.jpg


もう1枚

kouyasan271213010_R.jpg



奥ノ院
横手で杉並木を背景に

kouyasan271213013_R.jpg


足元に杉の小枝が落ちているのがお分かりになりますか

kouyasan271213015_R.jpg


こうして見るとVツインエンジンということもあって、大柄に見えて意外とスリムな車体
大きく見えるのは20リットル入りという大きなタンクが原因か。

これから立ちごけ対策にエンジンガード、旅用にパニアケースを付けると、横幅一回り大きくなるのかな。

kouyasan271213014_R.jpg



お土産の焼き餅を買って、走り足りないけど我慢してとっとと帰ります。

kouyasan271213050_R.jpg


帰路の京奈和自動車道は対面通行、6速100km4,000rpmで流れに乗って走ります。
このあたりが最も快適で、このバイクの得意とする領域のようです。
高速道路で遠出しても疲れにくいというのが分かるような気がする。

ところが譲り区間に差し掛かると、前走車が左車線に寄って道を空けてくれました。
せっかくのご好意だけど、こちらは慣らし運転中でこれ以上加速できないし・・・

もう少し距離走ってからなら「バビューン」と抜いて差し上げるのですが、おとなしく後ろをトコトコ付いていきました。

早く慣らしを終えたいよお~(笑)

何か変な看板 全安通交

奈良県吉野町を走っていると・・・

道の横手に消防団の消防庫
その壁に垂れ幕がかかっている

何の気なしにチラっと見て通過



ん・・・!?

何かおかしい??


気になるのでわざわざUターン
戻ってバイクを停めてじっくり眺める


「火の用心」「交通安全」

koutuuanzen001_R.jpg

左の垂れ幕、間違って逆さまにかけてるやんか

いや、違う!

koutuuanzen002_R.jpg

下側の交通安全協会という文字は正しく書かれてる。
わざわざ人目を引くように交通安全の文字を逆さまに書いてるのだ~


日本三大鳥居 気比神宮

日本海 海産物ツアーの2日目

小浜の藍染体験工房でハンカチ作り

敦賀へ移動して北陸自動車道 敦賀インターを下りてすぐ

tsuruga1207001_R.jpg

かまぼこ屋さんで今度は、ちくわ作りに挑戦。


そして参拝に来たのは「気比神宮」

tsuruga1207008_R.jpg


大鳥居は木造で春日大社・厳島神社と並ぶ日本三大鳥居です

tsuruga1207007_R.jpg


大宝2(702)年の建立と伝えられている北陸道の総鎮守。
明治時代に官幣大社となりました。

tsuruga1207006_R.jpg




tsuruga1207005_R.jpg


tsuruga1207003_R.jpg


tsuruga1207004_R.jpg


tsuruga1207002_R.jpg

松尾芭蕉も立ち寄ったんですね

「月清し遊行のもてる砂の上」

「名月や北国日和定めなき」

tsuruga1207009_R.jpg



tsuruga1207010_R.jpg


お昼に名産の越前そばと焼き鯖寿司をいただいて満腹
朝から夜まで飲み食いして寝るだけ、この2日間で1kg増えちまいました!

仕上げに日本海さかな街でお土産の爆買い(笑)
北陸道、名神、第二京阪、近畿と順調に走り、あと1時間というところで事故渋滞に巻き込まれました。
結局到着は2時間近く遅れましたが無事帰宅。
めでたしめでたし。

日本海 海産物満足ツアー

日本海の幸を味わう目的で京都府舞鶴から福井県小浜そして敦賀とまわりました。
といっても今回はバイクではなくバス旅行です。

自治会の役員をつとめており、今回は親睦旅行の幹事という立場で参加です。

12月6日(日)午前8時 橋本市を出発
バスの最前列に陣取り添乗員の代わり。

自分で運転しないのは久しぶり
走りなれた道の景色も新鮮です。

京奈和自動車道 奈良県内

maiduru1206040_R.jpg


南阪奈道で大阪府
近畿自動車道路へ

maiduru1206041_R.jpg


第二京阪で京都へ
バイクが気持ちよさそうに走っていく

maiduru1206042_R.jpg


京都縦貫道路は新しい道で空いてて気持ちよかった

maiduru1206043_R.jpg


南丹PAで休憩

maiduru1206045_R.jpg


ハーレー御一行様も休憩中

maiduru1206044_R.jpg


今回の旅は舞鶴へ 小浜で泊まって、翌日は敦賀というコース
日本海の資源が枯渇するくらい、海の幸を食べて土産にしようという魂胆

maiduru1206046_R.jpg


舞鶴市内に到着

maiduru1206047_R.jpg


昼食の後 赤レンガパークへ

maiduru1206050_R.jpg


maiduru1206048_R.jpg


maiduru1206049_R.jpg



すぐ近くの桟橋では海上自衛隊の艦船を見学できます(土日のみ)
さらに日によっては予約すれば艦内やヘリ基地も見られます。

この日はイージス艦「みょうこう」がいました。

maiduru1206051_R.jpg



近くの小高い山の上にある五老タワー
舞鶴湾の展望は曇り空でも綺麗でした

maiduru1206052_R.jpg


反対側を見れば紅葉の最後でした。

maiduru1206053_R.jpg


このあと小浜の旅館で温泉に入り、静かに黙々とカニを食べて、わいわい賑やかにカラオケで過ごしましたとさ。
あ~楽しかった。
バスの旅行もいいですね♪

ETCとグリヒのテストにひとっ走り

12月5日(土)の朝は気温6度

寒いけど数時間だけちょこっと走ってきました。

行き先は道の駅 針T・R・S
目的は新しく付けたETCとグリップヒーターのテストです。



走行中の写真はありませんが、ここだけ停まって撮りました。
京奈和自動車道 御所南ICです。

haritrs271205001_R.jpg

全線開通をめざす途中で、最も新しく開通したインターです。
あと、ここから南へ五條北ICまで1区間がつながれば、本当に便利になります。

haritrs271205002_R.jpg


さて京奈和自動車道を快適に北上。
しかしこの道は無料のためETCの出番なし。
郡山ICで西名阪自動車道に乗ります。

出発前にセットしたETCカード。
ETCのモニターに緑のランプが点灯しているのを再度確認。
料金所をドキドキしながら無事あっけなく通過。
バイクには本当に便利です。


グリップヒーターも快適♪
細かい温度調節がボタンで出来るんですが、最弱で十分でした。
これらの使用レポートはもう少し使ってからにします。

道の駅で休憩

haritrs271205011_R.jpg

haritrs271205015_R.jpg

このあと一般道を南下、宇陀市から吉野郡を通り帰宅しました。
約3時間 130km程度のお散歩でした。

ブログタイトルを変えます

思う所があってブログタイトルを変更することにしました。

「ひまじんの暇つぶし」あらため新タイトルは「ひまじんのスローライフ」
今後ともよろしくお願いします。



「自称ひまじん」も多忙な毎日を過ごしてますが、来春に退職して「本当にひまじん」となることになりました。
まだ継続勤務出来る年齢ですが、思うところがあって今の職場を去ることを決めたのです。


再就職!?
サラリーマン生活から卒業するのが目的なので、それは考えてないんですよ。

出来るだけ自給自足、地球環境に負荷をかけないロハス生活。
そんなのに憧れがあって、生易しくないことは承知のうえで、気ままなスローライフを目指します。


といっても無職ではなく、職業を農業と定めて有機農法にも取り組んでみるつもりです。

晴耕雨読   時々は晴走ブログな日々を送りたいと、甘い考えでワクワクしています♪

というわけで、バイク・お祭り・カメラといった趣味を綴ってきたブログ。
それに加えて自然の移ろいや、農作業のこと、新しい発見をお知らせ出来たらと思います。


これからも宜しくお願いします。

V-Strom 足つきの不安

大きな買い物
バイクを乗り換えようかと考えてから、迷いに迷いました。

これがいい!と決めたつもりが時間が経つと、こっちのがいい。
毎日うろうろ妄想の世界をさまよい続け、あちこちへ試乗に徘徊を続けました。

まあ、その間が楽しいんですがね。


その結果たどりついたのがV-Strom650XT
最近よくみるアドベンチャーとか呼ばれるものです。

高速道路を長時間快適に移動できるツアラーで、いちおうオフも入っていけるような雰囲気。
長いサスとスポークホイル、19インチ大径Fタイヤは乗り心地良さそう。
タンデムにも快適な幅広く厚いシート。
ヨーロッパではアルペンマスターの称号を得たというバイクです♪

20150930_V_Strom650XT_ABS_DL650XAL6_YVB_1.jpg


しかし、

車体がデカイ!
シートが高い(835mm)

はたしてチビで日本人体型のひまじんでも乗れるんやろか?
この車種にしようと決めたつもりでも、最後まで迷ったのは「足つき」の問題でした。


w650のシート高は800mm
サイドカバーの出っ張りと、ステップの位置が邪魔して、足つきは良い方ではありません。

しかし、V-Stromのシート高は835mm
試乗したところ両足つま先ツンツン、これでは立ちごけ必至!

一度はあきらめかけましたが、あのでっかいバイクに乗りたいという欲望が募るばかり。

そこでネット検索で集めた情報をもとに足つき対策を・・・
ローシートとローダウンリンクを使用しました。
おかげで約4.5cm下がり何とか乗れそうな状態になりました。

身長が低くてV-Strom購入をためらっている方、大丈夫です。
身長163cmの短足でも乗ってますよ。
ただし余計な気遣いは必要で、足をつく場所を誤ると爪先立ち。
数十年ぶりに立ちごけを、やらかしそうな予感してます(笑)






たま駅長二世に会いに行ってきた

この春
世界中を駆け巡った衝撃のニュース


「たま駅長 死す」


覚えておられると思うが、和歌山電鉄 貴志駅に勤務していた三毛猫の駅長さん。
天寿を全うされ寂しくなりました。



その後、ニタマ駅長代行が掛け持ち勤務していたようですが、ようやく後任の2代目タマ駅長が就任。
水・木の公休日を除く毎週5日間、勤務についているそうです。


11月27日、納車直後のVストの慣らしにひとっ走り行ってきました。

kisieki271127001_R.jpg

貴志駅はクリスマスモード

kisieki271127003_R.jpg


この日の勤務は予定外のニタマ駅長代行
タマはお疲れでお休みのようです。

kisieki271127007_R.jpg



ローカル線を有名にしてくれた駅長たま

ホームには「たま大明神」も

kisieki271127004_R.jpg


kisieki271127006_R.jpg



カレンダーを買って帰るつもりでしたが、急いで作成中とのこと。
12月中旬にならないと販売されないそうです。




初乗りはわずか90km程度でしたが、感じたのが2点ありました。

ひとつは、直進安定性。
京奈和自動車道には強風注意報が出てましたが、トンネルや切通しでも風にあおられて意図せぬ車線変更をすることなく、安定した走りでした。

ふたつめに走破性。
段差やマンホールでも突き上げられることなく、トン・トンとタイヤが通過します。


長いストロークのサス、19インチタイヤ、スポークホイール、長いホイールベースの大柄な車体。
これらのおかげで快適なツーリングが楽しめそうです。


帰りは農免道路でクネクネもテスト。
慣らし中なのでトコトコ走って、おなじみの柿の茶屋へ。

この日は急に真冬並みの気温になったので、バイクにはほとんど出会いませんでした。


kisieki271127011_R.jpg




次期主力戦闘機はこれです

迷いに迷ったあげく、とうとう買い換えました。


選定条件は、長距離ツーリングに適して、高速はもちろん田舎道も走破出来ること。
タンデムに快適な、扱いやすい軽いバイクを探しました。
ついでに旅用に積載性も考慮して、できれば維持費も安くね。



高速ツアラーといえば、あの水平対向エンジンが思い出されますが、維持費や部品のことを考えると・・・
田舎からはディーラーへ行くだけでプチツーだしね。



国産ではFJR1300とかの大型ツアラーも気になりますが、300kg近い重さに躊躇します。
怒涛のトルクを感じるリッターバイクも魅力ですが、結局は自分の体力を考えて取り回しの軽いミドルクラスから選びました。



勿体付けるな!という声が聞こえそうなので発表します・・・

これです

20150930_V_Strom650XT_ABS_DL650XAL6_YVB_1.jpg

V-Strom650XT 2016モデル
写真はメーカーサイトから拝借

塗色はこのモデルから登場した新色の黒です



何故かスズ菌に感染し、人生初のスズキ車オーナー。
変態の仲間入りかと思われるレアなバイクを選びました。


カワサキW好きの皆さん、裏切者と言わないでえ~
バーチカルツインエンジンは大っ好きなんです。


でも違うカテゴリーにも乗ってみたい誘惑に負けました。
これからも暖かく見守ってください。


というわけで納車の日を迎えました。

hatutaimen1119002_R.jpg


慣らしを終えたらインプレ書きます。

でも・・・車体デカイな  足届くかな?




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひまじん

Author:ひまじん
カメラ片手にバイク(V-Strom650とシグナスX)で時々撮影に出かけます。
ひまじんが過ごす晴耕雨読なスローライフ、晴走ブログな毎日を綴ります。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (8)
お祭り (64)
カメラ・写真館 (31)
V-Strom650XT (29)
カワサキW650 (18)
ヤマハ シグナスX (11)
バイク (25)
バイク用品・ツール (33)
ちょっとお出かけ (44)
紀伊半島ツーリング (58)
パワースポット巡礼 (29)
道の駅 各駅停車 (58)
思いつくまま (67)
健康おたく生活 (19)
美味いもん巡り (25)
北海道 (19)
季節の花と風景 (23)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR