2015-07

鞆渕八幡神社

和歌山県紀ノ川市鞆渕(ともぶち)は、紀ノ川沿いから険しい道を上った山あいの集落。


県道3号線を走ると神社入り口に看板

tomobuchi0720001_R.jpg


小高い山の上に社が並びます。

tomobuchi0720002_R.jpg

急な石段を上がれば鳥居

tomobuchi0720003_R.jpg



鳥居をくぐると境内を囲む建物

tomobuchi0720004_R.jpg



室町時代の建築様式が残る本殿と大日堂は、国指定重要文化財です。

tomobuchi0720005_R.jpg


大日堂
tomobuchi0720006_R.jpg


本殿
tomobuchi0720009_R.jpg


神輿蔵
平安時代の作である神輿は石清水八幡宮から送られたもので、国宝に指定されています。

tomobuchi0720007_R.jpg



神楽殿



tomobuchi0720008_R.jpg



祭礼には神輿が渡御し、神楽が奉納されるのでしょうか?
一度見てみたいのですが秋祭りが10月15日なので、自町と重なり少し難しいかな。



帰り道に石碑がありました。

tomobuchi0720011_R.jpg


腹が減っても泣くのじゃねえよ
指をくはへて おねんねよ
合歓の花みて とろりとなされ
水粥ばかりすゝるお母さん
松葉の露のそれ程に
にぢまないのよ
この乳房は    ・・・(原文の通り)

tomobuchi0720012_R.jpg


味わいのある碑文に興味が湧いて調べてみました。
地元出身の農民詩人 上 政治(うえ まさじ)の碑でした。

tomobuchi0720013_R.jpg



詳しくは宮下 誠氏の評論
「隠れた郷土の詩人 上 政治」をご覧ください。

スポンサーサイト

道の駅 南ふらの

「道の駅 南ふらの」

minamifurano002_R.jpg

近くの「かなやま湖」はアウトドアのメッカ
道の駅の外観はカヌーの軸先をイメージした建物となっています。

minamifurano003_R.jpg



大型バイク御一行様も休憩中~♪

minamifurano001_R.jpg




入ってみます

minamifurano004_R.jpg



いきなり熊の親子がお出迎え

minamifurano005_R.jpg



エントランスロビーの正面には「かなやま湖」に生息するイトウやマスなどの淡水魚の入った大型水槽があります。

minamifurano006_R.jpg



これが幻の魚 イトウ

minamifurano007_R.jpg





一階にはレストラン「かつさい」と、南富良野の特産品販売コーナー。
2階は南富良野の林に自生する木などが展示されています。

minamifurano012_R.jpg


minamifurano008_R.jpg



おすすめは「バタじゃが」
ふらの産男爵芋を皮付きのまま茹でて北海道バターで味付けして、まるごとパックしてあります。
ソフトクリームはコクのある生キャラメルとバニラのミックスソフトでした。



何処へ行っても気になるお酒コーナー

富良野ワイン

minamifurano009_R.jpg


この地酒のネーミングが面白い

minamifurano010_R.jpg



minamifurano011_R.jpg


記念のメーター1万キロ

愛用のスクーター  YAMAHAシグナスX
新車で購入して間もなく3年になります。

距離計がキリの良い1万キロに乗りました。


数日前から気になっていたオドメーター
ついに今日 大台に到達です

ゾロ目

itimankiro001_R.jpg



3分後に1万km

itimankiro003_R.jpg


10年以上乗っている原付の、ホンダJOGもメーター1周してます
でもJOGの距離計は1万キロで0に戻るんで、今の表示は約1,600キロ!?

シグナスは当然のことながら5桁表示

itimankiro002_R.jpg


もしかして6桁も表示されるのか?
それを知るには現在のペースでは30年後!
それまでシグナスが持つか?

その前にライダ-の寿命が・・・




海の日だけど山の中へ

7月20日(月) 海の日

自治会の班長や、山車保存会の会計やら、何でも快く引き受けるお人良しは休日も多忙。
今日も集金に回ったり、午後は集会所で会議が開かれます。


そんな中で2時間という貴重な時間が
ごろんと横になってテレビでも・・・

いや!もったいない


というわけでバイクを引っ張り出します。


行先は涼しく楽しく走れる2時間コース
高い山の中を走る川沿いの道が良いかな
でも、奈良県南部は先日の台風で通行止めがある、高野山方面は休日で交通渋滞が懸念される・・・

そこで、選んだのは


まずは、家から5分の京奈和自動車道(無料)橋本インターから紀北かつらぎインターまで
紀ノ川を南に渡ると国道480号、渋田交差点
ここから信号はほとんどない快走路で、高野山にむけてぐんぐん高度を上げていきます。

tomobuti0720001_R.jpg


峠を一つ越えた先に道が分岐する看板

tomobuti0720003_R.jpg


ここを右折して県道3号へ

tomobuti0720002_R.jpg



山中の狭いところを抜けてかつらぎ町から紀ノ川市鞆渕(ともぶち)に
このあたりからご覧のような快走路が続きます

tomobuti0720004_R.jpg



tomobuti0720005_R.jpg



道の横には清流が流れ、木々の緑と木陰が涼しい~

tomobuti0720006_R.jpg


道は紀ノ川市桃山町へ
名前の通り桃の大生産地で「あらかわの桃」ブランドは有名です。
このあたりから道の左右にも桃畑が

tomobuti0720007_R.jpg



県道3号線は荒川中学校前で国道424号に突き当たります

tomobuti0720008_R.jpg


紀ノ川沿いを走る国道424沿いは桃の収穫最盛期
至る所に直売所が開かれて賑わっていました。

tomobuti0720009_R.jpg


仕上げは紀ノ川フルーツライン
かつらぎ町から九度山町までを紀ノ川を眼下に走ります。
ここは本当に気持ちの良い農免道路
九度山の橋が開通すれば橋本まで一直線です。

tomobuti0720010_R.jpg


橋本まで帰ってきました。
市脇交差点で信号待ち・・・・熱い
この時点で気温32度
前の黒い車の屋根から先を見ると、ゆらゆらと景色がゆがんで見えます。

tomobuti0720011_R.jpg

自宅に無事帰り、所要時間はジャスト2時間!!
100km足らずでしたが楽しかったです♪







梅雨明けのようです

今日は暑い一日で大変でした
皆様はどんな海の日でしたか?


どうやら梅雨は明けたようですね。

himawar20150720_R.jpg



そんな中を朝から用事に追われて、午後からは自治会の会議に出席・・・

最近何かと忙しい毎日を過ごす「元ひまじん」です。


午前9時に用事を片付けてから2時間あまり、午後の会議まで空き時間が出来・・・
これは見逃すことは無い!

暑い中を涼しいところへ少し走りに行きました。

でも制限時間はたった2時間
さて、どこへ行くか?


とにかく、熱い信号待ちの無いところで、高地の川沿いへ向けて走り出します。
熱暑の中のプチツー 出発です♪















最北のサービスエリア 砂川

全国で最も北にあるサービスエリアは北海道の砂川です。

道央自動車道路を札幌から北へ約76km。
ここから北へ100km以上道は続きますが、サービスエリアはここが最後、ガソリン給油も最初で最後のチャンスです。

広い広い北海道では、ガソリンスタンドが100km以上無いこともザラ!
ガス欠には十分に注意してください。


sasunagawa001.jpg


sasunagawa002.jpg

食事も出来ますが、営業時間は季節によって変わります。
冬場は9時~19時ですから、こちらも注意してください。

旭川醤油ラーメンなんかも気になるメニューでしたが、2時間前のお昼に食べたばかり。
ほたてと甘エビが入った海鮮塩ラーメンが人気ですが、ここは減塩生活中なので我慢。

岩瀬牧場の牛乳ドーナッツとチーズドーナッツ、六花亭のマルセイキャラメルも売れてるそうです。

sasunagawa003.jpg


定番のソフトクリームですが、この時点で気温12度!冷たい風雨のため食指が伸びずスルーしました。

sasunagawa005.jpg



sasunagawa004.jpg


全国で2番目に出来たハイウエイオアシスが併設されており、アスレチックコースやパークゴルフ場、レストランや土産物店が並びます。

時間があればゆっくり楽しみたいところです。


道の駅 十津川郷

道の駅 十津川郷

奈良県南部、紀伊山地の山深い大きな村 十津川村の中心にあります。

国道168号線を奈良県五條市から南へ70km近く快走。
途中は対向に注意を要する狭い区間もありますが、おおむね気持ちよく走れます。



totukawa0710022_R.jpg



totukawa0710010_R.jpg



この建物は役場のような外観ですね

totukawa0710008_R.jpg



2階には喫茶や蕎麦処が営業

totukawa0710009_R.jpg



1階

totukawa0710015_R.jpg



十津川村の産品が並んでいます

totukawa0710016_R.jpg


totukawa0710017_R.jpg


お土産に刺身こんにゃくゲット

totukawa0710018_R.jpg


この道の駅には足湯があるんです♪
駐車場に入ると硫黄の匂いがします。
缶コーヒー片手に足を浸していると「極楽~」
筋肉のコリがほぐれます♪

totukawa0710020_R.jpg


ここから源泉から引いたお湯が出ており、温度は60度と熱い目です。

totukawa0710019_R.jpg



十津川温泉では全国初の「源泉かけ流し宣言」をしており、豊富な湯量でかけ流しの温泉を楽しめます。
手ぶらで来ての日帰り入浴も大丈夫です。


大昔から開かれた温泉地で、遠くから貴人たちが湯治に訪れたそうです。

totukawa0710013_R.jpg



習志野ナンバーのキャンピングカーご夫婦
リタイアしてから全国をのんびり旅しているそうで、うらやましいです。

totukawa0710021_R.jpg


十津川は日本一大きな村で、他にもさまざまな日本一があります。
日本一の吊り橋、おしどりの越冬地日本一、等々

中には日本一親切な村 という宣言も!?


道の駅でスタンプ帳を持っていたら、レジのお姉さんが「切符はいりませんか?集めてませんか?無料で結構です、差し上げます」と・・・さすが親切日本一の村です。

期間限定で温泉入浴が無料の「源泉かけ流し感謝祭」もあります。
何度でも出かけてみたい魅力ある村です。


十津川は日本一の村

健診を終えた午後

梅雨空を気にしながらも、雨の多い紀伊半島の山間部へ走りました。

行き先は十津川村

奈良県五條市からR168を南へ
この看板の下にある信号を最後に、目的地の十津川温泉まで約65kmの間に信号がありません!

totukawa0710001_R.jpg




2011年9月に起きた紀伊半島大水害
山そのものが至る所で崩れ落ち、道をふさぎ、川をせきとめ、甚大な被害が発生しました。
その傷跡が今も生々しく、真新しい砂防堰堤のコンクリートが白いのが印象的。
自然の前には人間は小さな存在です。

totukawa0710002_R.jpg



十津川村は日本一の多い村

たとえば、日本一大きい村だとか、オシドリの越冬地で日本一とか、村を走る路線バスが日本一長い路線だとか。
詳しくは十津川村のHPで確認を



日本一のひとつ、谷瀬の大吊り橋
長さ297m 高さ54mもあります。


totukawa0710004_R.jpg




観光客が入れ代わり立ち代わり「キャー」と言いながら渡っています。
しかし観光用の橋ではなく、れっきとした生活道路。
時々対岸の地区にお住いの方が、バイクで渡ってきたりします。

歩いて渡るのにもヘッピリ腰なのに、スーパーカブのお爺ちゃん、絶妙なバランス感覚です。

totukawa0710007_R.jpg



今日は平日だから少ないですが、休日は20人以上が渡っているような・・・大丈夫かいな?

totukawa0710006_R.jpg




さらに南下すると村の中心部
道の駅 十津川郷で休憩です。


totukawa0710010_R.jpg



ここは十津川温泉郷
道の駅に足湯があるのがウレシイ


いつものV-MAX乗りの散髪屋さん情報では、毎年6月と2月に温泉入浴料金が無料に!!
今年も6月後半の10日間、無料だったそうです。

来年はその期間に来たいもんです。
こちらも詳しくは「源泉かけ流し感謝祭」

totukawa0710012_R.jpg


バイクを横に停めて、ブーツを脱いで、ほっこり♪ 足湯に浸かります。
缶コーヒーを右手に、総菜パンを左手に、温泉を楽しんでいたら怪しい雲が接近中。


totukawa0710011_R.jpg


そろそろ引き返すことにします。



途中、ポツポツと雨が落ちてきたんですが、トンネルを抜けると日が差していたりで、幸い用意していたゴアテックスの合羽は出番なし。
でも所々で激しい雨が降ったと見えて、道は濁った水が流れている所も・・・

という天候のため、出がけにピカピカに磨いていたWは、こんな無残な姿に。

totukawa0710023_R.jpg


もちろん、帰宅して洗車に励みましたけどね。
やはり、Wはメッキが光ってなんぼのバイクですわ。


バイクはドロドロに汚れたけれど、久しぶりに走ってスッキリ!!
洗車で汚れと一緒に、ストレスも洗い流してしまったような感じです(笑)


道の駅は次回にご紹介します






生活習慣病健診に行きました

しばらくバイクに乗っていません。
雨、雨、雨の毎日ですからね~


7月10日は生活習慣病健診に出かけました。

橋本市民病院 健診センター

kensin0710001_R.jpg



kensin0710008_R.jpg


採血検査、腹部エコー検査、胃部透視X線検査・・・等々
良い気持ちがするものではありませんが、年齢を重ねてきたので毎年欠かさず受けるようにしています。


kensin0710005_R.jpg


kensin0710006_R.jpg


昼前に健診医からコメントをいただいて無事終了

血圧と尿酸値がやや高くて、生活習慣に注意を要するとのこと。
さらなる運動と減塩に取り組みましょう。
あっ!ビールも控えないと・・・とほほ


ストレスも血圧の原因になるそうです、溜め込まないようにしましょ~♪
詳しい結果は後日郵送されますが、とりあえず終わりました。



午後はバリュウムのせいで気分がすぐれないと予想して、事前に年休を申請。
自宅で昼食のあと、しばらく乗っていないバイクを洗車しようと出します。


ストレスをためてはいけない、梅雨空が少し明るい、では・・・少し走ることにする? と悪魔のささやきが

気分がすぐれなかったので年休とったんじゃないのか? と天使が問いかける



いや、気分がすぐれないからこそ、走るしかない!
ストレスは健康の敵だと医者も言っていた。
と、勝手な理由をつけて自分を納得させる。
ではプチツーに出発じゃ~♪


続く

白樺の中のカフェ

富良野観光の途中、青い池へ向かうところで立ち寄ったカフェ。

特に下調べをして行ったのではありませんが、雰囲気が良さそうだったので飛び込みました。


cafebarchi001_R.jpg

周囲を白樺林に囲まれ、案に違わず良い雰囲気の作りです。


カフェレストラン「バーチ」というそうです
何の意味かな?

cafebarchi011_R.jpg



階段を上がるとウッドデッキと入り口

cafebarchi003_R.jpg

cafebarchi010_R.jpg



中は落ち着いた雰囲気
cafebarchi007_R.jpg


cafebarchi004_R.jpg


窓からは隣に広がる畑が見えて、北海道らしい良い景色です
cafebarchi005_R.jpg



頼んだのはピザ

cafebarchi008_R.jpg


ハンバーグ

cafebarchi009_R.jpg


どちらも美味しくいただきました。





道の駅 美瑛 丘のくら

北海道で立ち寄った道の駅


美瑛町にある「びえい 丘のくら」

ナビに案内されて行きましたが、近くに行っても道の駅らしさが見られません。
道路の看板が無ければ見過ごしてしまうところでした。


bieiokanokura001_R.jpg


と言うのは「道の駅 びえい丘のくら」の建物は、大正初期に建設された石倉庫を改装したものだからです。


石は美瑛の軟石で、木材を使った内装は美瑛産カラマツを使用しているという、こだわりの建物です。

bieiokanokura002_R.jpg


bieiokanokura003_R.jpg



ソフトクリームやコロッケなどの軽食、農産加工品は地元産にこだわっており、美瑛町のイラストや写真等が販売されています。

2階部分はイベントスペースとなっており、写真展や絵画の個展などが開催されています。


bieiokanokura004_R.jpg


bieiokanokura005_R.jpg



「丘のくら」に隣接する「ふれあい館ラヴニール」は美瑛産小麦を使用したパンづくりなどを体験できる施設です。
その2階はホテル客室となっているなど、他に見られない道の駅です。



残念ながら内部は撮影が制限されていますのでご紹介できません。
駐車台数は27台と少な目でした。



ラーメン酒肴 えんや

北海道へ着いたら、まずラーメンを食べようと決めて、ネットで気になるお店を検索。

結果、選んだのが千歳市大和にある「ラーメン酒肴 えんや」さん


場所は・・・よく分かりません。
ナビに任せて千歳空港から高速インターまでの間に、連れて行ってもらいました。

enya0610001_R.jpg



意外と地味な外観(失礼)
一部が砂利の駐車場
通りすがりやったら通過していたかも。

enya201506002_R.jpg

とりあえず中へ、黄金 塩ラーメンというのが「看板」のようです。


中はカウンターとテーブル席が3つ
半地下のようになっていて、中へいくほど低くなっています。

メニューはシンプル

enya201506003_R.jpg


さて、出てきました。 おすすめの「黄金 塩ラーメン」

enya201506004_R.jpg


黄金というからコテコテ系かと思いきや、あっさりさっぱり美味しいスープです。
うまみが強い!というのが印象、細い麺も好みの喉越しです。

「薄ければ塩だれを使ってください」と渡されましたが、いやいや十分な旨味とコクです。
うわさに違わず美味しいラーメンでした。


もう一度食べたいと思いますが… 遠い


梅雨の晴れ間の高野山

うっとうしい梅雨が続きます

そんな時期ですが、梅雨の中休みで青空が広がる6月29 日に、高野山へ行きました。


金剛峰寺
kouyasan0629001_R.jpg



SRXさんとPCXさんの間から見た中門
kouyasan0629004_R.jpg


中門は開創1200年を記念して再興されたばかりです。

kouyasan0629005_R.jpg


金堂と根本大塔

kouyasan0629014_R.jpg


コンデジの限界を感じます・・・
明るい空と陰になった庇の明暗が上手く撮れません。
一眼レフを持ってくるんだったかな。

kouyasan0629015_R.jpg


kouyasan0629016_R.jpg



梅雨の真ん中と思えない青空

kouyasan0629017_R.jpg



ところで、高野山は山全体が宗教法人金剛峰寺の所有地です。
高野町は金剛峰寺の境内に開かれた町で、お寺の境内を国道が走り、役場や学校や消防署や病院が立ち、民家や土産物店や飲食店が軒を連ねます。


みんな金剛峰寺へ地代を払ってるんです。
でもお寺の境内ですから、たとえば住宅ローンの担保には出来ないという特殊な土地です。


町全体が霊場で世界遺産ですから、景観にも留意して建物が建てられています。
たとえば銀行はこんな外観です。

kouyasan0629002_R.jpg


kouyasan0629003_R.jpg


コンビニも看板は全国共通ですが、建物はユニークな和の雰囲気。
あえて写真をアップしませんので、機会があれば立ち寄ってみてください。

大門から町へ入ってすぐの右手にファミマがあります。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひまじん

Author:ひまじん
カメラ片手にバイク(V-Strom650とシグナスX)で時々撮影に出かけます。
ひまじんが過ごす晴耕雨読なスローライフ、晴走ブログな毎日を綴ります。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (8)
お祭り (64)
カメラ・写真館 (31)
V-Strom650XT (26)
カワサキW650 (18)
ヤマハ シグナスX (11)
バイク (22)
バイク用品・ツール (32)
ちょっとお出かけ (41)
紀伊半島ツーリング (54)
パワースポット巡礼 (27)
道の駅 各駅停車 (51)
思いつくまま (64)
健康おたく生活 (17)
美味いもん巡り (25)
北海道 (19)
季節の花と風景 (20)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR