2014-10

道の駅 龍神

龍神村(現在は田辺市に合併)は林業の村として栄えてきましたが、近年、美人の湯と呼ばれる龍神温泉が脚光を浴び、温泉観光地として全国的に有名です。
和歌山県東部中央に位置し、深い山々に囲まれた村です。


高野山から尾根伝いに走る「高野龍神スカイライン」は、護摩壇山付近から下りになって、約30分で「道の駅 龍神」に到着します。

国道371号沿い、清流・日高川の流れるすぐ近くにあります。
駅から日本三美人の湯「龍神温泉」まではおよそ1kmです。

mitinoekiryujin1024014_R.jpg


mitinoekiryujin1024001_R.jpg



駅の中心の「ウッディプラザ木族館」は、建物自体が龍神村の「龍」をイメージして造られており、大きな太い木を柱に多用しています。
玄関の主柱は樹齢350年の栂の巨木が使用されているそうです。


中は丸太を組み合わせた構造の高い天井で開放感があります。

mitinoekiryujin1024006_R.jpg


特産の木工品も販売されており、作品は見ていても楽しいものです。

mitinoekiryujin1024011_R.jpg

mitinoekiryujin1024012_R.jpg




気になったのは焼酎
ネーミングにひかれましたが、手を伸ばすと後ろからタンデマーに引っ張られたため残念(笑)。

mitinoekiryujin1024008_R.jpg

mitinoekiryujin1024009_R.jpg



mitinoekiryujin1024007_R.jpg

ここで食事もできますが、本日は温泉日帰り入浴へ移動します。

次に続きます・・・

mitinoekiryujin1024015_R.jpg


スポンサーサイト

道の駅 田辺市龍神ごまさんスカイタワー

「道の駅 田辺市龍神ごまさんスカイタワー」(名前 長っ!)


田辺市(旧龍神村)と高野山を結ぶ「高野龍神スカイライン」(国道371号線)の中間にあって、多くの観光客が立ち寄ります。
高野山からゆっくり景色を楽しみながら走って30分くらいで着きました。


gomasan1024004_R.jpg



gomasan1024024_R.jpg



スカイラインはバイクで走る方が多く、休日には道の駅の駐車場(50台)を埋め尽くし、停めるところを探すのに苦労する程です。

しかし平日は空いており、こんなにゆったり利用できます。

gomasan1024017_R.jpg



高さ33mの展望塔は、護摩木を積み上げた独特の形をしています。

gomasan1024005_R.jpg



和歌山県内の最高峰である龍神岳・護摩壇山を望むことが出来て、特に新緑と紅葉の時期の眺めは素晴らしいものです。
ここを起点に護摩壇山に向かうトレッキングルートがあり、大自然を満喫できるポイントです。

gomasan1024018_R.jpg

300円を払ってエレベーターで展望塔へ上がります。
JAF会員証を提示すれば割引が受けられますから、会員さんはお忘れなく。

gomasan1024006_R.jpg

高さ33mの展望塔から四方の絶景を眺めると・・・

東には大峰山系

gomasan1024008_R.jpg


南に護摩壇山

gomasan1024012_R.jpg


西は有田方面から遠く大阪湾まで

gomasan1024015_R.jpg



この足元の斜面は一面の紅葉
テレビも取材に来てました。

gomasan1024016_R.jpg


約30分のところには日本三美人の湯として有名な龍神温泉があります。

営業は9:30~17:00
12月1日から3月31日は冬季休業
同期間はスカイラインの二輪車通行は禁止されています。

gomasan1024025_R.jpg

次は龍神へ下ります・・・続く

学文路天満宮祭礼

隅田八幡神社に始まった橋本市の秋祭、最後は学文路天満宮です。

天満宮は菅公を祀っており祭礼日は25日で、それに近い土日におこなわれています。


見どころは宵宮のローソン橋本清水店と、本宮の宮入でしょうか。


宵宮の午後6時頃に3台が並んで、順にお囃子が披露されました。

kamuroyoi026_R.jpg


kamuroyoi039_R.jpg


翌日は本宮
晴天に恵まれ午前10時から宮入
学文路公民館から神社へ向かうだんじりです


学文路
kamurohonmiy1026003_R.jpg

清水
kamurohonmiy1026011_R.jpg

南馬場
kamurohonmiy1026025_R.jpg


学文路天満宮の皆さん お疲れ様でした
HPで詳しくアップしますのでご覧ください

高野龍神スカイラインは紅葉 真っ盛り

朝晩はずいぶん冷え込むようになりました。

紅葉が見頃になるためには、いくつかの条件があるそうで、その一つが日中と夜間の温度差です。
あとは夏の日照があり、ここのところ適度の雨が降ること。

今年は日照は不足気味だったかもしれません。
しかし9月以降雨は定期的に降り、ここにきて朝晩寒いくらいの日もあります。

ということは高所では紅葉は見頃を迎えているような気がします。


高いところと言えば紀伊山地の最高峰である護摩壇山が思い浮かび、快走路「高野龍神スカイライン」を走り紅葉を見に行くことにしました。

高野山 奥ノ院駐車場
自宅から1時間弱で最初の休憩。
このあたりで銀杏やモミジが色付いています。

skyline1024003_R.jpg


護摩壇山あたりの紅葉に期待が高まります。
奥ノ院駐車場から走り出すと、すぐに高野龍神スカイラインです。

スカイラインは山の尾根を縫うように走る国道371号線の愛称。
全区間センターラインのある2車線交互通行、高速コーナーが続き、関西各地から走りにやってくるバイクの聖地です。


しかし、事故も後を絶たず、至る所に注意を促す看板が設置されています。
ここはサーキットではなく一般道路ですから、節度とモラルを持って楽しみましょう。
でないと、2輪車通行禁止なんていう規制が現実になっては困ります。


紅葉は見頃を迎えて美しく、しかし、途中で止まるのが惜しくて写真は1枚も撮らず、一度も足を付けずに道の駅に到着です。


道の駅 田辺市龍神ごまさんスカイタワー

skyline1024004_R.jpg


展望塔から見た快晴の景色は素晴らしいものでした。
詳しくはまたレポートします。


その後、龍神温泉で昼食と日帰り入浴

skyline1024009_R.jpg

kirari1024007_R.jpg

この模様もあらためて詳しく


その後、有田方面に下って海南市へ。
道の駅を3か所ひやかして、アイスやサンドイッチを食べ、お土産を買って帰ります。

紀ノ川市から京奈和道路で帰宅、約8時間 230kmのツーリングでした。
詳しいレポートはぼちぼちアップします。


このルートは標高差があるので、谷合の紅葉はまだまだこれから。
11月半ばまで楽しめそうです。

なお、高野龍神スカイラインは冬季(12月1日から3月31日まで)2輪車通行止めとなります。
今年の走りおさめにお出かけください。

skyline1024007_R.jpg


少し走りに出かけてきます

今日は仕事はオフです

またかい!
という同僚の声が聞こえてきそう・・・・


紅葉を探しにバイクで走ってきます

またかい!
という家族の声が聞こえてきそう・・・・




では行ってきます


バイクで出かけた山合いのお祭り 千早赤阪村中津原

関西は秋祭りの季節
毎週どこかでだんじりが曳かれています。

この土日は久しぶりに秋晴れ
行楽の季節ということで、お出かけされた方も多かったのでは。


祭や何やらでバイクに乗ってなかったので、ほんの少しだけ走ることにしました。

行き先は・・・・和歌山~奈良~大阪の3府県
といっても1時間程度で回れる金剛山越えで、クネクネを楽しみました。

遠回りして向かった先は千早赤阪村
中でも有名なのは多数のだんじりが集まる建水分神社ですが、今回は1台だけが曳かれている中津原へ。


nakatuhara1019002_R.jpg



数年前にも見たことがあったんですが、久しぶりにやってきました。
神社に行っても誰もいなかったので、近くで出会った法被姿の方にお聞きして探しました。


前方からやってきました。
中津原のだんじりです。

nakatuhara1019003_R.jpg


nakatuhara1019005_R.jpg

南河内らしく曳き歌を響かせてます。

nakatuhara1019006_R.jpg

坂の多い中津原
青年団も汗びっしょり

nakatuhara1019008_R.jpg


静かな山あいに鉦・太鼓と曳き歌が響いていました。

nakatuhara1019009_R.jpg




農免道路 「南河内グリーンロード」は、カーブとアップダウンが多く信号が少ない楽しい道。
途中にはこんなコーヒーを楽しめるお店もあります。



nakatuhara1019011_R.jpg


歩絵夢
nakatuhara1019013_R.jpg


また今度、ゆっくりお茶しましょ。

前の見学とだんじりの詳細はHPに紹介していますので宜しければご覧ください。
橋本だんじり物語 南河内見学「千早赤坂村 中津原」

姫路市 松原八幡神社 灘のけんか祭

今年も姫路の祭を見に行きました。
昨年は魚吹八幡神社へ行き、HP「魚吹の祭」管理人の「ぐじ」さんに、「松原へも行ってみたら」と勧めて頂きました。

松原八幡神社と言えばNHKニュースでも毎年のように紹介され、「灘のけんか祭」として有名。
3基の神輿を激しくぶつけ合うという奇祭です。


台風も無事通過した10月15日(水)姫路へ走りました。

先に美しくなった姫路城へ寄ります
matubara1015003_R.jpg



すでに時間は宮出を終えたころ
お旅山へ急ぎます

練り場へ到着
ちょうど獅子だんじりが練り場を清めている所でした

次に幟を先頭に3基の神輿がやってきました
何度も激しくぶつけ合います

matubara1015055_R.jpg


お旅山へ向かう神輿

matubara1015002_R.jpg



神輿の去った練り場では屋台が

matubara1015259_R.jpg


matubara1015318_R.jpg



お旅山の上から練り場を見下ろすと、周囲の斜面は人で埋め尽くされています。
8万人以上の集まる播州地方最大のお祭りです。

matubara1015281_R.jpg


お隣の魚吹八幡神社とは、また違った祭を発見しました。
詳しくはHPに・・・・


本宮午前の橋本北連合

平成26年10月12日

本宮の午前は宮入を控えた小原田、橋谷、御幸辻の3町が集まります。

御幸辻駅周辺を連合曳行
連合青年団による催しがギャラリーを楽しませてくれました。


kita1012008_R.jpg


kita1012023_R.jpg


kita1012045_R.jpg


kita1012054_R.jpg


kita1012069_R.jpg


kita1012108_R.jpg


kita1012087_R.jpg

kita1012125_R.jpg

kita1012133_R.jpg

HPの方に詳しくアップしますね

秋祭りが無事終わりました

10月12日は本宮

相賀八幡神社では宮入、渡御がおこなわれました。
昨日の宵宮速報に続いて、本宮の様子をダイジェストで。

これから少しずつアップしますが、今日のところは速報です。


橋谷
honmiya1012006_R.jpg

honmiya1012036_R.jpg

胡麻生
honmiya1012082_R.jpg

honmiya1012088_R.jpg

古佐田
honmiya1012109_R.jpg

小原田
honmiya1012194_R.jpg

北馬場
honmiya1012246_R.jpg

紀見
honmiya1012276_R.jpg

橋本
honmiya1012304_R.jpg

原田
honmiya1012339_R.jpg


honmiya1012376_R.jpg

雨が心配されましたが、台風も押し戻す勢いでした。
皆さんお疲れ様でした。





速報 橋本秋祭り宵宮

宵宮の橋本市民会館前です

整理出来次第にアップしていきますが、とりあえず速報ということで・・・

hokenfukusi1011029_R.jpg


hokenfukusi1011210_R.jpg


hokenfukusi1011218_R.jpg


hokenfukusi1011239_R.jpg

hokenfukusi1011263_R.jpg

hokenfukusi1011314_R.jpg


hokenfukusi1011395_R.jpg

hokenfukusi1011335_R.jpg


hokenfukusi1011407_R.jpg

hokenfukusi1011378_R.jpg

急いでアップしたのでコメントも無しです。

さあ、今日は本宮
お天気も何とか持ちこたえそうですし、最後まで安全に楽しい祭を。

では行ってきます。


橋本秋まつり! お天気だけが心配

お祭り好きが待ちに待った秋祭りがやってきました。
心配なのはお天気・・・

隅田が晴れなら橋本も晴れ!
この季節、お天気は定期的に移り変わり、晴れと雨を繰り返します。

隅田と橋本は1週違いなので、お天気のサイクルも同じ巡りあわせになることが多いのですが・・・

今年(平成26年)は台風の接近が心配される中、隅田は何とか曇り一時小雨の祭でした。
次週も次の台風が日本列島を伺い、同じような進路が予想されています。


う~ん・・・
何とか持ちこたえて頂きましょう。


過去の本宮のお天気を調べてみました、
平成25年  晴れ

ご覧のとおり快晴でした
miya25_R.jpg
  
平成24年  晴れ

平成23年  晴れ
青い空、暑い日でした。
miya23_R.jpg


平成22年  曇りのち晴れ

平成21年  曇りのち晴れ
miya21_R.jpg


平成20年  晴れ

平成19年  曇り時々晴れ
miya19_R.jpg


平成18年  晴れ
平成17年  晴れ


なんとずっと本宮に雨は無いのです。
今年も晴れのジンクスが続きますように。





隅田八幡神社秋祭り速報

10月は秋祭りの季節

橋本市内の秋祭りは隅田八幡神社に始まり、学文路天満宮で終わります。
10月5日、その最初の祭、隅田八幡神社へ行ってきました。


神輿 当番地区は中島
suda261005020_R.jpg


下兵庫 子供だんじり
suda261005011_R.jpg


神前お練り 壱番 中道
suda261005155_R.jpg

suda261005156_R.jpg


二番 河瀬
suda261005157_R.jpg


suda261005158_R.jpg



三番 霜草
suda261005159_R.jpg

suda261005160_R.jpg


四番 中下
suda261005161_R.jpg

suda261005162_R.jpg


天気予報では午後は台風の雨が心配されていましたが、時々降られたものの大きく崩れることもなく、無事に祭礼がおこなわれました。

神戸からお越しの方たちをご案内しましたが、他では見られない担い山車に喜んでおられました。
西日本各地の祭に出かけていますが、隅田のような祭は他では見られません。
県の無形民俗文化財に指定されている、まさにオンリーワンの祭です。


泉州式曳行の橋本地区と違った、伝統のスタイルをずっと守り続けてほしいものです。


みたらい渓谷は自然の神秘

みたらい渓谷

上北山村から国道169号線、途中で国道309号線を通り、山越えをして天川村へと走ります。

紀伊半島の三桁国道といえばご存じのとおり酷道という字をあてるのがピッタリ。
林道かと思うような、狭い急な路面の荒れた道が木立の中を走ります。


mitarai037_R.jpg



厳しい深い山の最高点付近に行者還トンネルがあり、付近に弥山という山への登山口があります。
有料駐車場があり、ここを起点にして登山を楽しむ方が多いようです。

山歩きの修行をする行者さえも還してしまうという深い山。
狭く見通しの悪いカーブの連続で、道の上には落石や砂利。
左には千尋の谷、という状況をバイクは必死に進みます。


坂を下ると道はようやく弥山川の渓流沿いに走るようになり、相変わらず狭いカーブの連続に注意が欠かせませんが、景色を楽しみながらゆっくり走ります。

mitarai038_R.jpg



御手洗渓谷(みたらいけいこく)は、大峯山から流れ落ちる山上川が川迫川(こおせがわ)に合流する場所に出来ており、狭まった山裾の大きな岩壁を大小の滝が流れ落ち、水は清く緑は深く息を呑む美しい景色が広がります。

mitarai001_R.jpg



mitarai002_R.jpg


mitarai007_R.jpg


mitarai010_R.jpg


mitarai018_R.jpg


mitarai029_R.jpg

地域は自然の要害として南朝の皇族方が敵の来襲の際に避難された場所という、南朝のロマンを秘めた伝説があります。

mitarai025_R.jpg

mitarai015_R.jpg


間もなく紅葉の盛りを迎え、天川村は四季を通して最も美しい季節を迎えます。
この日はまだ散策する人も少なく、美しい景色を独り占めすることが出来ました。

関西にお住いの方は、ドライブに、ツーリングに、是非一度お出かけください。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひまじん

Author:ひまじん
カメラ片手にバイク(V-Strom650とシグナスX)で時々撮影に出かけます。
ひまじんが過ごす晴耕雨読なスローライフ、晴走ブログな毎日を綴ります。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (8)
お祭り (66)
カメラ・写真館 (31)
V-Strom650XT (31)
カワサキW650 (18)
ヤマハ シグナスX (12)
バイク (25)
バイク用品・ツール (34)
ちょっとお出かけ (48)
紀伊半島ツーリング (59)
パワースポット巡礼 (29)
道の駅 各駅停車 (58)
思いつくまま (73)
健康おたく生活 (19)
美味いもん巡り (25)
北海道 (31)
季節の花と風景 (23)
高野山 (0)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR