2014-03

当麻相撲館

奈良県当麻町は相撲の発祥の地と言われています。

その昔、野見宿禰(のみのすくね)と當麻蹴速(たいまのけはや)が、大和の国でおこなったのが相撲の起源といわれているからです。


奈良県當麻町には當麻蹴速塚があり、その横に當麻相撲館けはや座と呼ばれる施設があります。

taima005_R.jpg



内部は相撲に関する資料の展示や、本物の土俵が設けられています。

taima003_R.jpg

taima002_R.jpg


古佐田だんじりの彫り物
エピソードの詳細は「橋本だんじり物語 彫りもの物語」をご覧下さい。

taima020_R.jpg

相撲の開祖 當麻蹴速の塚
taima006_R.jpg

taima007_R.jpg



相撲館のすぐ近くにある自警団詰め所には、當麻だんじりが保管されています。

taima011_R.jpg


大和高田市本壱と同様に、硝子張りの小屋は内部を見ることが出来ます。

taima010_R.jpg

機会があれば曳行の様子も見てみたいです。

スポンサーサイト

白髭神社(日高町)

白髭神社は日高郡日高町大字阿尾にあり、滋賀県高島郡高島町の白鬚神社より、約400年前に分祠したのがそのはじまりと伝われています。

白髭神社といえば県の指定文化財となった、毎年1月9日の「くえ祭」で有名。
脂ののった高級魚として知られるクエを塩漬けにして丸太にくくり、清酒の4斗樽を丸太に結んで、若衆がかついで押し合いながら御神前に奉納する行事です。

例祭は10月9日(今は第2日曜日)で、こちらは自町と同日で見に行くことが出来ませんが、1月のくえ祭なら可能性ありです。

ついでに美味しいクエが食べられたら最高!  ですね




鳥居と楼門
sirahige001_R.jpg



拝殿は見上げるような石段の上にあります。
sirahige002_R.jpg


こちらが本殿
sirahige003_R.jpg


他にも境内には弁財天神社、稲荷神社、恵美須神社が祀られています。
sirahige004_R.jpg

sirahige005_R.jpg




海のすぐ近くですが急な石段を上り、家並みを見下ろす高さにお社が祀られています。

sirahige006_R.jpg


本殿のすぐ横に立てられた看板。
東南海地震では津波が心配される地域です。

東日本大震災の教訓を生かすように努められていました。

sirahige007_R.jpg

秘密兵器の登場

健康グッズの代表格
テレビの通販でもお馴染みの商品


それは「エアロバイク」
テレビ通販でおなじみの商品です。
roombike001_R.jpg


こんなものを衝動的に買っちゃいました。
毎日、ジョギングに励んでいるんですが、雨の日、雪の日、風の日は辛い。

そんな日にも室内で運動が出来ると良いな。という理由です。

roombike002_R.jpg


ペダルの回転数、速度換算、距離換算、心拍数、タイマー(運動時間)、消費カロリーなどが表示されます。
これが励みになります。

半時間くらい漕ぎ続けて、うっすら汗をかいたところで見ると、消費カロリーは250~300kcal!?
このカロリーを摂取するのはペロリと一口ですが、消費するには時間と労力が必要です。
運動だけでダイエットというのは困難で、カロリー摂取を控える方が簡単ですわ。

roombike004_R.jpg

これで天候にかかわらず、テレビを見ながら運動が出来ます。
せいぜい元を取るように、決して衣類の物干しにならないように頑張ります。

ふたかみパーク當麻

二上山は奈良県と大阪府の間にある山。

緩やかな稜線が連なり、その間に沈む夕日はたいへん美しいものです。
大和の古代人たちも二上山の方角を眺めて、はるか西方浄土に思いを寄せたのでしょう。

自宅から1時間くらいで行くことが出来ます。

futakami009_R.jpg


その麓にある道の駅「ふたかみパーク當麻」

futakami001_R.jpg


futakami002_R.jpg


futakami003_R.jpg


農産物直売所が人気です。

futakami004_R.jpg


駐車場には大型観光バスや乗用車でほぼ満車、バイクは少なかったですが大変にぎわってました。

futakami005_R.jpg


自宅にむけて走った山麓線で、空にハングライダー発見!
バイクをとめて見上げていると・・・
futakami006_R.jpg

空の散歩を楽しむように、ゆっくりと旋回を繰り返して、
futakami007_R.jpg

すぐ近くに着陸していきました。
futakami008_R.jpg

昔はこれ、やってみたかったんですね。
家族の猛反対で残念しましたが、気持ちよさそう。

春が帰ってきました

ゆうべ何気なく見上げると・・・

ガレージの天井付近に作られたツバメの巣に頭が見えました。
ん?!

tubame001_R.jpg

南の国で冬を過ごしたツバメ夫婦が、今年も無事に我が家に戻って参りました。

tubame002_R.jpg

これでようやく春がやってきたと実感。
でも戻り寒波にあってツバメは寒そうです。

高知県で桜の開花宣言もあり、あと一週間もすれば関西でも桜の便りが聞かれます。
もうちょっと我慢、我慢。

ユネスコ無形文化遺産登録

「山・鉾・屋台行事」一括で無形文化遺産提案へ

2014年3月14日(金)朝日新聞朝刊の記事です。

文化庁はユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形遺産登録にむけて、既に登録されている「京都祇園祭の山鉾行事」と茨城県の「日立風流物」に、「博多祇園山笠行事」など30件を一括提案することで追加登録をめざす。

こんな内容でした。

世界遺産には自然遺産から、知床半島や白神山地などが。
文化遺産には紀伊半島の霊場と参詣道や和食文化などが、すでに登録されています。

ユネスコも各国からの申請が増加しており、新規の審査が厳しくなっていることが背景にあるので、政府は同じような分野はまとめて登録する方針を決めたということです。

今回申請する30件は、重要無形民俗文化財で山車や屋台にかかわる行事の全てだそうです。
お祭り大好き人間としては、今回の登録がユネスコに認められるといいなと思います。

その中には、まだ見たことのない祭りが数多くあるので、少しずつでも見学に行きたいな。


祇園祭
P1060679_Rs.jpg


春用ジャケット

最寄りの南海部品に寄りました。
目的は春秋用のバイクジャケットを見たかったからです。

そろそろ冬用を脱いでも良い季節が近くなりました。
メッシュを着用するには少し早いし、でも冬用では重いしかさばるし、ちょうど良いものは無いか?

店頭にはセール中の冬物、その横には春物が入荷して並べられていました。

色々見せてもらった中で気に入ったのがこれ!
アルパインのフード付き防水ジャケットです。

springsuit001_R.jpg


一見して普通のジャケットみたいですが、パットが肘と肩および背中部分にも入っています。
バイクを降りてからの散策にも、ゴツイ・イカツイ感じが無くて、休日のツーリング以外に、毎日の通勤にも着用できそうです。

防水性があって小雨程度ならカッパ不要、ジッパーは防水仕様で雨の侵入を防いでくれます。


エアインテークのジッパーを開ければ、袖口から入った風が脇から背中に抜けていく設計。
素材は防水といいながら通気性も良さそうです。

springsuit005_R.jpg



フードは取り外し可能なので、走行中に邪魔になるようなら簡単にはずせます。

springsuit003_R.jpg


また、胸まわりとお腹周りにフィット調整が付いているため、ヒモを絞ればバタツキが防止できそうです。
springsuit002_R.jpg



ロゴは反射材が使われて、薄暮や夜間の安全性にも配慮されています。

springsuit004_R.jpg


お値段は・・・うーん、使ってみないと高い買い物なのか、安いのか分かりませんね。
せいぜい元を取るように着用します。
インプレッションはその後で・・・

熊取町の煉瓦館

少しずつですが暖かくなってきました。
そこで思い立ってプチツー。

行き先は大阪府泉南郡熊取町にある熊取交流センター。
通称を煉瓦館と呼ばれる施設です。

かつての工場だった煉瓦造建築を保存活用しています。
この日は中で絵画展が開かれていました。

他にもカフェや資料展示などがあり、平日にもかかわらず様々な方が頻繁に出入りしていました。


煉瓦館
なかなかレトロな良い雰囲気です。

kumatori028_R.jpg



w650には煉瓦がよく似合います。

kumatori036_R.jpg



こんな洋風建築も移築保存されて、内部は会議室等に使われています。
窓から覗き込むと、この日はカルチャースクールが開かれていました。
kumatori037_R.jpg


もう一つのお目当ては、内部に展示されている「小垣内」先代だんじり。
詳しくはHPでご紹介します。

kumatori004_R.jpg

このあと南海部品でお買い物・・・続く

春はそこまで

節分を過ぎて暖かい日が来たと思ったら、それは数日だけで、その後は平年を下回る寒い日が続いていました。

特に週末になると、冷たい雨または雪。
ひどいときには日本中が雪に覆われて大混乱。
深刻な被害がでています。

3回目の3月11日が巡ってきました。
こちらの被害も大きく、依然として被災地の復興は思うように進んでいません。


阪神淡路大震災の時にもそうでしたが、3年もたつと風化が始まり関心が薄れます。
地震直後は募金だ、ボランテイアだと、みんなが何かしたいと思っていたのに・・・


思えば以前も3年くらいたつと東京を中心にしたマスコミでは、徐々に阪神淡路大震災関連の報道が減少しました。
「全国的にはもう過去のことなんや」・・・そんな思いをした関西人も多かったのでは?
東日本大震災は関東・東北で発生した地震災害なので、マスコミ報道も急に低下することは無いでしょうが。

3月11日は、同じ地震国「日本」に住む者として、被災地のことを思い続けて、次の東南海地震に備える日であり続けなければと思います。


重い話になりましたが、紅梅、白梅、花桃が春を告げています。
被災地にも早く春がやってくると良いのですが。
ume008_R.jpg

ume005_R.jpg

ume003_R.jpg

ume002_R.jpg

がんばろう日本

リアボックスのこと

シグナスX(125CCスクーター)に、収納力アップのためリアボックスを追加しています。

メーカーはGIVI

reabox001_R.jpg


鍵を開けると大きく開く上部のふた。
出し入れしやすく、30リットルの容量は「かなり入るな」という感じです。

reabox003_R.jpg



ヘルメットも楽々収まります。
あるいはメットをホルダーに架けて、かさばる冬用ジャケットとオーバーパンツを脱いで丸めて入れれば、ジャケットに着替えて街歩きすることも可能です。

「大は小を兼ねる」 やや大きめですが、使い勝手は大変良く満足しています。

reabox005_R.jpg

リアボックスについて詳しく・・・続く

中紀の祭

先日、和歌山県日高町の若一王子神社のことを書きました。

だんじりがあるということですが、詳細が不明です。
誰かご存知の方がいれば教えてください。

こんな内容だったのですが、早速に岸和田市葛城町の若頭さんが「こんなHPを見つけました」とご教示くださいました。

HP「日高町の祭」


見たところ小型の担い山車、あるいは屋台のようです。
このあたりの祭礼は10月第2週が多くて、自町と重なるため実際に見る機会は無いのです。

その中で、今まで見に行った中紀の祭を思い出すと・・・


日高町の南隣 御坊市にある小竹八幡神社の祭礼
gobou119_R.jpg

左で差し上げているのは「四つ太鼓」と呼ばれる太鼓台。
右手は一枚屋根の担い山車。



四つ太鼓
シンプルな構造です。
少年4人が化粧して乗り込むところは、播州の屋台に通じるところがあります。

gobou021_R.jpg



山車 こんな構造です
縦に2個付いた太鼓は、獅子舞に用いられます。

gobou017_R.jpg



さらに南の印南町 山口八幡神社の祭礼
一つ屋根の小型山車を担いで練り合わせます。

inamiyamaguti058_R.jpg


さらに南の田辺市 闘鶏神社の祭礼
鉾のような山車が曳かれています。

tanabe194_R.jpg

和歌山県下では祭礼日固定で行われている神社も多く、これからも出来る範囲で見に行きたいです。

葛若さん、情報ありがとうございました。

w650 電源のこと

w650に電源を追加しました。

一般的なシガーライターから12Vをとるものに加えて、USB端子からもとれる併用型が南海部品から発売されています。

主な用途はカーナビ用電源としてですが、インカムの使用や、携帯電話の充電、アマチュア無線用トランシーバー電源などにも使えて便利そうです。


dengen001_R.jpg


設置場所には迷いました。
一応は防水キャップも付いているので、ハンドル周りが良いかなとバーのあちこちを試してみました。
しかし、うまく付けられる場所が見つからず、見た目も今いちかなということで、結局は無難にシート下へ。

シート下もw650はスペースが少ないので、思い切って工具類を絞ります。
そのうえでテールランプから分岐して、近くのねじにアースをとりテスターで導通確認。

この位置からならキー連動で、うっかりバッテリー上がりも防止できます。
がたつき防止に裏面を両面テープでとめて完成。

dengen003_R.jpg



カーナビの内蔵電源は満充電からでも約2時間程度。
このバッテリー電源のおかげで、ツーリングの途中で電源が切れてしまう心配が無くなりました。


一応、防滴にラバーキャップもあり、シート下ということで突然の豪雨にも大丈夫でしょう。

dengen002_R.jpg


w650について 続く

若一王子神社(日高町)

若一王子神社は和歌山県日高町にあります。

和歌山県神社庁HPによれば

平安中期から熊野信仰が盛んになるとともに、海路をとった参詣者がこの地に上陸後、この鎮守社にあるときは幣を手向け、あるときは休憩所とし、あるいは遙拝所としたのが王子社の成立と言われている

江戸中期から比井浦回船業が盛んになるとともに、徐々に社殿、境内も整備され、やがて現在の規模となったと思われる。

比井の港を見下ろす東の屋根筋に当たり、以前はシイを主体とした広葉雑木樹の茂る極相林に覆われていたと思われるが、数次にわたって上木を伐採し植林が行われたものと思われる。

若一王子神社の秋祭りは、京都の祇園祭の形式を取り入れたもので、揃いの赤いハッピを着てだんじりを曳き、祇園囃子を奏でる姿は、優雅そのものである。
しかし夜になると、東西北組のだんじりが、お互いに立てかけあいをする雄壮な面もある祭りである。

と紹介されています。

鳥居
wakaichi001.jpg


石の太鼓橋を渡ると
wakaichi002.jpg


見上げるような急な石段、その上に本殿があります。
wakaichi003.jpg

本殿
hinomisaki007_R.jpg

稲荷社
hinomisaki008_R.jpg

例祭日は10月9日、今は第2日曜日におこなわれています。
祭礼には神輿唄・獅子舞のほかに、渡御式にだんじりが出るとのこと。
しかし、橋本地区の祭りと同日のため見ることは出来ません。

だんじりとはどんなものだろうか?
橋本市のように地車か?
粉河まつりのような山車か?あるいは田辺市のような鉾型なのか?御坊市のような四つ太鼓なのか?

残念ですが資料も見あたらず、地元の方にも出会えず、詳しい情報を得ることは出来ませんでした。
誰かご存知の方、お教えください。

体脂肪率のこと

家庭用であれば参考程度ということですが、体脂肪計という便利な物に乗れば、体脂肪率が簡単に測定できます。


体脂肪率って?
ご存じのことと思いますが、体重に対して脂肪がどれだけ有るかを示したものです。
単位は%で表示されます。

体脂肪率による判定基準というのは

男性の場合
18歳から30歳未満は14%~20%
30歳から69歳ですと17%~23% この範囲が適正値です

23%~25%は境界線
25%~30%未満は軽度の肥満
30%~35%未満は肥満
35%以上は極度の肥満と判定されます


それでお前はどうやねん!?
ということですが・・・23%をわずかに上回り境界線付近をウロウロ。
2年で7kg以上の減量をしましたが、もう少し絞らないといけませんな。




女性の場合は体質的に脂肪が多いため、判定基準はやや緩やか
18歳から30歳未満は17%~24%
30歳から69歳ですと20%~27% この範囲が適正値です

27%~30%は境界線
30%~35%未満は軽度の肥満
35%~40%未満は肥満
40%以上は極度の肥満と判定されます


若い女性は痩せることに異常な執念を燃やしていますが、適度な脂肪を蓄えた健康的な体型を目指して、決して体に害のあるような無理なダイエットは控えてくださいね。

ダイエットについて・・・続く

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひまじん

Author:ひまじん
カメラ片手にバイク(V-Strom650とシグナスX)で時々撮影に出かけます。
ひまじんが過ごす晴耕雨読なスローライフ、晴走ブログな毎日を綴ります。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (8)
お祭り (64)
カメラ・写真館 (31)
V-Strom650XT (26)
カワサキW650 (18)
ヤマハ シグナスX (11)
バイク (22)
バイク用品・ツール (32)
ちょっとお出かけ (41)
紀伊半島ツーリング (54)
パワースポット巡礼 (27)
道の駅 各駅停車 (51)
思いつくまま (64)
健康おたく生活 (17)
美味いもん巡り (25)
北海道 (19)
季節の花と風景 (19)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR