2017-09

V-Stromミーティング行けません

第3回を数えるV-Stromミーティング

日時
2017年9月3日(日)10:00~14:00
場所
スズキ株式会社 本社
静岡県浜松市南区高塚町300

詳しくはスズキHP「V-Stromミーティング2017」


V-Stromというバイクは登録台数が少ないので日頃は滅多と出会うことがありません、しかし昨年の第2回には431台も集合したそうです。
オーナーなら是非参加したいイベントですが、親戚から同日に行われる法事の案内が届きました・・・
残念ながら今年も不参加です(T_T)

スポンサーサイト

V-Stromが熱い

今、スズキのバイクV-Stromが熱い!

何が熱いのかって?
それは・・・マフラー  

排気管が熱いって当たり前じゃないのか



8月10日の改善届出内容 詳しくはスズキ お客様相談室に問い合わせてください。

対象車両は型式2BK-DS11A (通称名:Vストロ ーム)の車台番号LC6DS11AZ01100102~ LC6DS11AZ01100907 (製作期間:平成 29 年 6 月 9 日~平成 29 年 7 月 31 日 )の285 台 。

不具合部位は「原動機(排気管) 」。

車体右側の排気管カバー形状が不適切なため、停車時に足を着く際に衣類が排気管に接触することがある。
これに対して排気管に対策品のカバーを追加するという改善を行う。

要するに足をつくとマフラーに当たるので火傷したら大変、カバーを追加しますということらしい。
対象は新型V-Stromだが発売までに分からなかったのか?
ステータコイルの時に比べて早い改善届出は良いことですが、試乗した時に問題にならず発売してすぐ改善届出というのは・・・
走り込んで初めてわかる不具合ではないように思うんですけどね。


昔のバイクなら問題にならなかったレベルですかね
エキパイやマフラーで火傷したなんて日常的だったような気がします。






カラーバリエーションについて

新型登場にあわせてV-Stromの車体色が変更されました
今回は以下の3色

チャンピオンイエローNo.2(写真は拝借)
20170530_V-Strom_650_ABS_y_R.jpg

グラススパークルブラック
20170530_V-Strom_650_ABS_b_R.jpg

パーシャルグレッシャーホワイト
20170530_V-Strom_650_ABS_white_R.jpg

ああ・・・何でややこしい名前を付けるんやろ


以前はV-Stromといえば青またはグレーというイメージでしたね。
今回は白黒黄というタイガースカラー3色になりました。
赤が無くなったということは広島カープの時代は終わり、阪神タイガースが優勝!?

黒は前モデルから引き続き採用されましたが、今回新たに加わった黄色が印象深いように思います。
さて、あなたのお好みは何色?

新型V-Strom発売!

ついに発売されましたね
モーターショーにも出ていた新型V-Stromです

スズキは、スポーツアドベンチャーツアラーとして人気のV-Stromシリーズをフルモデルチェンジして、V-Strom 650 ABS/650XT ABSを5月30日より、V-Strom 1000 ABS/1000XT ABSを6月26日より発売開始すると発表した。
詳しくは「Web Mr.BIKE」


650は出力が向上し、トラクションコントロールが採用されました。
suzukiV-Strom650XT2016_R.jpg
写真は拝借


1000はモーショントラックブレーキシステムという前後輪でABSが協調作動するシステムを搭載。
suzukiV-Strom1000XT2016_R.jpg


その他充実のモデルチェンジにもかかわらず
驚くのは




何と!価格が据え置き

スズキは年間960台の販売を目標にしているというが何とも控えめな数字。
大いに売れてもっと多くが走り回ってほしい(^O^)


スクリーンの効果

久々のバイクネタを

これまでのバイク人生はネイキッド車ばかり乗ってきたので、スクリーンの有難さを知らずにいました。
小さなものでも付けると効果が有るよ、と聞いていたのですが本当に違いが大きいのでビックリ!

screen2904002_R.jpg

特に感じるのは高速道路
80~100km/hでの走行時に風圧と風切音が少ないんですね。
試しに少し伸びあがってみると、一気に風圧を感じて風切音が大きくなる。
その効果を実感できました(^O^)

V-Stromのスクリーンは6角ネジで簡単に高さが調整できます。
screen2904003_R.jpg

簡単と言ってもバイクを停めて工具を出して作業をおこなう必要があるので、簡単とは言えないかも。

現在は中間位置にしてますが、身長165cmと小柄なため十分な効果が得られています。


ライダー目線から見た景色
screen2904001_R.jpg

乗り初めの頃に感じた違和感は、慣れればすぐに無くなりました。
それでもスクリーンを最も高い位置にすると、走行中の目線の中心にスクリーンの縁が来るため若干気になります。


上位機種のツアラーでは電動でスクリーンの高さや角度を変えられるものがありますね。
スクリーンは少しの角度違いで効果が変わるので、特に高速道路で走りながら調整できるなんて憧れます。

実用的で便利な装備に思われますが価格が・・・・ 贅沢は敵や~、欲しがりません宝くじ当たるまでは。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひまじん

Author:ひまじん
カメラ片手にバイク(V-Strom650とシグナスX)で時々撮影に出かけます。
ひまじんが過ごす晴耕雨読なスローライフ、晴走ブログな毎日を綴ります。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (8)
お祭り (66)
カメラ・写真館 (31)
V-Strom650XT (31)
カワサキW650 (18)
ヤマハ シグナスX (12)
バイク (25)
バイク用品・ツール (34)
ちょっとお出かけ (48)
紀伊半島ツーリング (59)
パワースポット巡礼 (29)
道の駅 各駅停車 (58)
思いつくまま (73)
健康おたく生活 (19)
美味いもん巡り (25)
北海道 (31)
季節の花と風景 (23)
高野山 (0)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR